ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

【XenApp】Windows起動 / 再起動時 ”STOP: 0x000000ca  エラー”が発生する

質問内容

Windows起動 / 再起動時 ”STOP: 0x000000ca  エラー”が発生します。

原因と対処方法を教えてください。

回答内容

・事象

  このコンピューターはバグチェック後、再起動されました。
  バグチェック: 0x000000ca (0x**********, 0x*********, 0x********,0x***********)
  ※(*は任意の文字です。)

・エラーイベントの原因

  以下の既知事例に該当している可能性があります。

  Receiver 4.3.100 のインストール後に STOP 0xCAが発生する
   https://support.citrix.com/article/CTX218012

  以下の発生条件をすべて満たす場合には、「対処方法」に
  記載した手順を実施してください。
  - OS が Windows Server OS ( 2008 R2以降 ) である。
  - VDA 7.x 以降をインストールしている。
  - Receiver 4.3.100 以降をインストールしている。

・対処方法

  以下のレジストリ変更手順を実施して、事象が回避できるか
  確認ください。

  ※上記Citrixの既知事例は起動時のタイミングによって発生する
   事象のため、再起動で回避できる場合と、できない場合が
   あります。
   以下のレジストリは、OS 起動時の ctxusbm.sys の初期化を
   遅らせることで、事象を回避する設定です。

  1.該当サーバーで regedit.exe を管理者として起動します。

  2.以下のレジストリ値を変更します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\ctxusbm
    値の名前:Start
    値の種類:REG_DWORD
    値のデータ:2
    ※このレジストリは、ctxusbmドライバが起動するタイミングを
     「OS起動処理開始時」から「OS起動処理の最後のステップ」
     に変更します。

  3.サーバーを再起動します。

  ※※注意※※
  ・環境を変更される場合、検証環境などで問題がないことを確認して、
   本番環境では元に戻せるよう事前にバックアップを取得してから
   適用ください。

  ・また、レジストリエディタの使用を誤ると、深刻な問題が発生する
   可能性があり、Windowsの再インストールが必要になる場合もあります。
   レジストリエディターの使用には十分注意ください。

  ・ドライバの動作を変更するレジストリですので、エンドユーザが
   利用していないタイミングで、手順1.から手順3.まで
   まとめて実施してください。

製品名カテゴリ

Citrix Virtual Apps (旧名称: Citrix XenApp、Citrix Presentation Server、MetaFrame)
Citrix Virtual Desktops (旧名称: Citrix XenDesktop)

  • コンテンツID: 3150115196
  • 公開日: 2020年09月16日
  • 最終更新日:2020年09月16日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。