ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

【StarOffice】 StarOfficeX: Microsoft Office 文書の更新に時間がかかる現象について

質問内容

キャビネットに保存されたMicrosoft Office 文書(Excel、Word)を編集し、上書き保存して閉じた際に、文書更新を確認するダイアログメッセージがなかなか出てきません。
再度、文書を開いて編集しようとすると、以下のダイアログメッセージが表示されます。

ダイアログメッセージ:
  文書はすでに修正中です。

本事象の原因、および、対処を教えてください。

回答内容

StarOffice X V5.0~V5.2を運用している環境において、キャビネットやメールに登録されているMicrosoft Office 文書(Excel、Word)を更新した際に、ダイアログの表示が遅延する現象が発生する場合があります。

詳細について、以下の通り報告します。

【現象】
通常は、文書を更新した場合、Excel や Wordを終了した直後に更新後の文書をStarOffice Xに登録するかどうかを確認するダイアログが表示されます。
  (例)キャビネットに登録されている Excel 文書を更新した場合、Excelの終了後に以下のダイアログが表示されます。
     「文書を更新します。よろしいですか?」
本現象では、このダイアログが Excel や Word を終了後、20秒以上経過してから表示されます。

以下のクライアントOSやアプリケーションで本事象の発生が確認されています。
  【クライアントOS】
      Windows 10
  【アプリケーション】
      Microsoft Office 2013/2016/2019 Excel
      Microsoft Office 2013/2016/2019 Word

【原因】
Excel や Word を終了し、画面が閉じた後もバックグラウンドでプロセスが20秒以上存在しており、StarOffice X はプロセスの終了を待っている状態となっています。
このプロセスの終了に時間がかかる動作は、StarOffice X ではなく Windows Explorer などから起動した場合にも確認されており、Windows 10 の動作に問題がある可能性があります。

【発生条件】
この問題は Windows 10 の全てのクライアント PC で発生するわけではなく、発生条件は判明しておりませんが、Office が Microsoft のオンラインサービスに接続する仕様に起因して発生している可能性があります。

【対処方法】
 以下のいずれかのOfficeに対応した設定により事象が改善する可能性があります。
  ・Office2019(バージョン 1904 以降)
  ・Office2016、およびOffice2019(バージョン 1903 以前)
  ・Office2013

●Office2019(バージョン 1904 以降)の対処方法
<Office2019(バージョン 1904 以降)の設定変更>
  Office テレメトリを無効にする設定(DisableTelemetryの有効化)を行います。 

  ① レジストリエディター(regedit)を起動します。
  ② 下記レジストリの情報を変更します。
    存在しない場合は、新規作成します。
      キー:\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Common\ClientTelemetry
      名前:DisableTelemetry
      種類:DWORD(32ビット)値
      データ:1
  ③ レジストリエディターを終了します。
  ④ Windowsからサインアウト、またはWindowsを再起動し、再度Windowsにサインインします。

  補足:
   本設定をExcelまたはWordで確認する方法は、ありません。

●Office2016、およびOffice2019(バージョン 1903 以前)の対処方法
<Office2016、およびOffice2019(バージョン 1903 以前)の設定変更 >
  Officeの使用状況や環境設定をインターネット経由でMicrosoftに提供する設定を無効にします。

  ① Excel、またはWordを起動します。
  ② [ファイル] - [オプション] を選択しオプション画面を表示します。
  ③ [セキュリティセンター] - [セキュリティセンターの設定...] ボタンクリックしてセキュリティセンター画面を表示します。
  ④ [プライバシーオプション]を選択し、プライバシーオプションの
   「OfficeをMicrosoftのオンラインサービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?」
    のチェックボックスのチェックをはずします。
  ⑤ OKボタンでセキュリティセンターの設定変更を反映します。
  ⑥ ①で起動したExcel、またはWordを終了します。
  ⑦ Windowsからサインアウト、またはWindowsを再起動し、再度Windowsにサインインします。

●Office2013の対処方法
<Office2013の設定変更>
  UseOnlineContent(Officeのインターネット接続の許可設定)を無効にします。 

  ① レジストリエディター(regedit)を起動します。
  ② 下記レジストリの情報を変更します。
    存在しない場合は、新規作成します。
      キー:\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\Internet
      名前:UseOnlineContent
      種類:DWORD(32ビット)値
      データ:0
  ③ レジストリエディターを終了します。
  ④ Windowsからサインアウト、またはWindowsを再起動し、再度Windowsにサインインします。
  
  補足:
    本設定はExcelまたはWordにて、次の手順で確認できます。
    ① [ファイル] - [オプション] を選択しオプション画面を表示します。
    ② [セキュリティセンター] - [セキュリティセンターの設定...] ボタンクリックしてセキュリティセンター画面を表示します。
    ③ [プライバシーオプション]を選択し、プライバシーオプションの
     「Officeのインターネット接続を許可する(C)」が無効(設定できない)となっていることを確認します。


<Excel、またはWordの終了にかかる時間の確認>
  StarOffice Xを使用しない状態で、Excel、またはWordのプロセス終了にかかる時間を以下の方法で確認します。
(以下はExcelについての説明です。Wordについて確認を行う場合は「Excel」を「Word」に、「EXCEL.EXE」を「WINWORD.EXE」に、それぞれ読み替えてください。)

  ① タスクマネージャーを起動して、詳細タブでプロセス一覧を表示します。
  ② Excelを起動します。
  ③ タスクマネージャーの詳細タブのプロセス一覧にEXCEL.EXEが表示されます。
  ④ Excelでローカルに存在する文書を開き編集して、Excelを終了します。
  ⑤ タスクマネージャーの詳細タブのプロセス一覧からEXCEL.EXEがすぐに消える(プロセスがすぐに終了)か数十秒かかるか(プロセスの終了に時間がかかる)か確認してください。

上記<Excel、またはWordの終了にかかる時間の確認>で、タスクマネージャーの詳細タブのプロセス一覧からEXCEL.EXEがすぐに消えず時間がかかる場合は、Excel自体がすぐに終了しないということになります。
その場合は、StarOffice X側の設定などで変更する方法はありませんので、当該事象が発生した場合は、文書更新の終了後に更新メッセージが表示されるまでお待ちください。


対象バージョンは以下の通りです。
 - StarOffice X V5.0以降のバージョン

製品名カテゴリ

StarOffice X

関連情報

  • コンテンツID: 3150114661
  • 公開日: 2019年11月14日
  • 最終更新日:2020年04月13日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。