ページの先頭です。
ここから本文です。

お知らせ

CLUSTERPRO:Red Hat Enterprise Linux 8.4とXFSの組み合わせにて確認している事象について

[事象]
Red Hat Enterprise Linux 8.4 環境で、CLUSTERPRO のミラーディスクリソース/ハイブリッドディスクリソース上で XFS を利用するとマウントに失敗してしまう事象が報告されています。

事象が発生するとマウントに失敗するためミラーディスクリソース/ハイブリッドディスクリソースの活性に失敗します。このとき、syslog に以下のようなメッセージが記録されます。
kernel: XFS (NMP1): Mounting V5 Filesystem
kernel: XFS (NMP1): Corruption warning: Metadata has LSN (3:8) ahead of current LSN (2:9760). Please unmount and run xfs_repair (>= v4.3) to resolve.
kernel: XFS (NMP1): log mount/recovery failed: error -22

[発生事由]
Red Hat Enterprise Linux 8.4 と XFS の組み合わせにおいて、CLUSTERPRO のミラーディスクリソース/ハイブリッドディスクリソースに対して想定外の書き込み要求が行われた際に、その要求に対する処理が適切におこなえず、ファイルシステムの破損を発生させてしまいます。

[発生条件]
下記すべての条件を満たす場合に本事象が発生する可能性があります。
  • Red Hat Enterprise Linux 8.4 環境
  • ミラーディスクリソース/ハイブリッドディスクリソース上のファイルシステムが XFS である

[復旧方法]
本事象が発生した場合、xfs_repair コマンドに -L オプションを指定してファイルシステムの復旧をおこなう必要があります。
<復旧コマンド例>
 # xfs_repair -L <対象のミラーパーティションデバイス名>

ミラーディスクリソース/ハイブリッドディスクリソースに対する xfs_repair コマンドの実行については、「スタートアップガイド」の「第 6 章 注意制限事項」-「6.5.13 xfs_repair の実行について」を参照いただき、「xfs_repair」を「xfs_repair -L」に読み替えて実施していただきますようにお願いいたします。

[回避策]
Red Hat Enterprise Linux 8.4 環境で CLUSTERPRO のミラーディスクリソース/ハイブリッドディスクリソースを利用する場合、ファイルシステムに XFS 以外のファイルシステム(ext4, ext3 等)を設定します。

既にファイルシステムに XFS を利用している場合、以下の手順にてファイルシステムを変更していただきますようにお願いいたします。

<ファイルシステムを ext4 に変更する手順例>
  1. クラスタが正常な状態であることを確認します。
  2. 変更するファイルシステム上のデータのバックアップが必要な場合は、「インストール&設定ガイド」の「第 9 章 動作チェックを行う」-「9.2 バックアップ手順を確認する」を参照してバックアップを実行します。
  3. ファイルシステムを変更するミラーディスクリソース/ハイブリッドディスクリソースを持つグループを停止します。
  4.  # clpgrp -t <停止するグループ名>
  5. ファイルシステムの変更を実行するサーバ上で以下のコマンドを実行します。
  6.  # clpmdctrl --active -nomount <対象のミラーディスクリソース/ハイブリッドディスクリソース名>
  7. mkfs コマンドを使用してファイルシステムを構築します。コマンドの実行にて XFS ファイルシステムが存在していることの確認が表示されますので、y にて応答をおこない mkfs を完了させます。
  8.  # mkfs -t ext4 <ミラーパーティションデバイス名>

    <ミラーパーティションデバイス名が /dev/NMP1 の場合のコマンド例>
     # mkfs -t ext4 /dev/NMP1

  9. ファイルシステム作成の完了を確認後、以下のコマンドを実行します。
  10.  # clpmdctrl --deactive <対象のミラーディスクリソース/ハイブリッドディスクリソース名>
  11. クラスタ構成情報上のミラーディスクリソース/ハイブリッドディスクリソースのファイルシステムを変更します。
    1. Cluster WebUI のツールバーのドロップダウンメニューで [設定モード] を選択します。
    2. クラスタ構成情報で <対象のミラーディスクリソース/ハイブリッドディスクリソース名> のプロパティをクリックし、[詳細] タブの [ファイルシステム] を ext4 に変更し、[OK] をクリックします。
    3. [設定の反映] をクリックし、メッセージに従い設定の反映を完了させます。
  12. バックアップしたデータのリストアが必要な場合は、「インストール&設定ガイド」の「第 9 章 動作チェックを行う」-「9.3 リストア手順を確認する」を参照してリストアを実行します。

[修正モジュール]
本事象に対する修正モジュールの提供方式と提供予定時期は以下のとおりです。
  • CLUSTERPRO X 4.3 for Linux (内部バージョン 4.3.3-1) に対する修正パッチを、2022年9月末までに公開予定です。
  • CLUSTERPRO X 5.0 for Linux (内部バージョン 5.0.0-1 及び 5.0.1-1) を対象とする本事象の修正を含んだ標準アップデート(内部バージョン 5.0.2-1)を、2022年10月末までに公開予定です。

[対象となるバージョン]
本事象の対象となる CLUSTERPRO X のバージョンは以下のとおりです。
  • CLUSTERPRO X 5.0 for Linux
  • CLUSTERPRO X 4.3 for Linux

製品名カテゴリ

CLUSTERPRO X

関連情報

  • コンテンツID: 3010103958
  • 公開日: 2022年07月13日
  • 最終更新日:2022年08月05日
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。