ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

CLUSTERPRO:フローティングIPリソースや仮想IPリソースのIPアドレスとクラスタシステム以外のサーバやクライアントPCが通信するとき、IPヘッダのソースアドレスは何になりますか?

質問内容

フローティングIPリソースや仮想IPリソースのIPアドレスとクラスタシステム以外のサーバやクライアントPCが通信するとき、IPヘッダのソースアドレスは何になりますか?

回答内容

アプリケーションの仕様およびOSの仕様に依存します。

  • アプリケーション側でsocket作成時に明示的にフローティングIPリソースのIPアドレスや仮想IPリソースのIPアドレスにbindしている場合には、フローティングIPリソースのIPアドレスや仮想IPリソースのIPアドレスになります。
  • アプリケーション側で明示的にIPアドレスを指定していない場合は、OSによりIPアドレスが選択されます。
  • SkipAsSourceフラグを有効にすることで、そのIPアドレスをソースアドレスとして明示的に使用しないようにすることが可能です。
    SkipAsSourceフラグを使用してクラスタを構築する設定例を以下に紹介します。

■設定例1
 フローティングIPリソースのIPアドレスに対してSkipAsSourceフラグを有効にする例
 (フローティングIPリソースのIPアドレスがソースアドレスとして使用されなくなります。)

<設定の概要>
フローティングIPリソース活性後に、スクリプトリソースscript1により、フローティングIPリソースのIPアドレスに対してSkipAsSourceを有効にします。

<設定手順>
  1. Cluster WebUI/WebManagerを起動し、[設定モード]に切り替えます。
  2. 以下の依存関係となるようにスクリプトリソースを1つ追加し、フローティングIPリソースの依存関係を変更します。
    全体の依存関係は以下で確認できます。
    ・Cluster WebUIの場合: グループのプロパティ→[全体の依存関係]タブ
    ・WebManagerの場合: 左ペインのグループを選択→右ペインの[全体の依存関係]タブ

    深度 名前 依存リソース
    1 フローティングIPリソース なし
    2 script1
    ※新規に追加するスクリプトリソース
    フローティングIPリソース
  3. script1の start.bat の「:NORMAL」ラベルと「:FAILOVER」ラベルの直後に、以下のコマンドラインを追加します。 (以下のコマンドラインでは、一度フローティングIPリソースのIPアドレスを削除し、SkipAsSource フラグを有効にして再度追加します。)

    netsh int ipv4 delete address <インタフェース名> <フローティングIPリソースのIPアドレス>
    netsh int ipv4 add address <インタフェース名> <フローティングIPリソースのIPアドレス> <ネットマスク> skipassource=true
     <例>
    netsh int ipv4 delete address "イーサネット" 192.168.1.10
    netsh int ipv4 add address "イーサネット" 192.168.1.10 255.255.255.0 skipassource=true
  4. [設定の反映]を実行します。
    クラスタ起動状態の場合、グループの停止、クラスタサスペンド、クラスタリジュームを促すメッセージが表示されますので[OK]ボタンを押します。

■設定例2
 実IPアドレスに対してSkipAsSourceフラグを有効にする例
 (実IPアドレスがソースアドレスとして使用されなくなります。)

<設定の概要>
フローティングIPリソース活性後に、スクリプトリソースscript2により、実IPアドレスに対してSkipAsSourceを有効にます。 また、フローティングIPリソース非活性後に、スクリプトリソースscript1により、実IPアドレスに対してSkipAsSourceを無効にます。

<設定手順>
  1. Cluster WebUI/WebManagerを起動し、[設定モード]に切り替えます。
  2. 以下の依存関係となるようにスクリプトリソースを2つ追加し、フローティングIPリソースの依存関係を変更します。
    全体の依存関係は以下で確認できます。
    ・Cluster WebUIの場合: グループのプロパティ→[全体の依存関係]タブ
    ・WebManagerの場合: 左ペインのグループを選択→右ペインの[全体の依存関係]タブ

    深度 名前 依存リソース
    1 script1
    ※新規に追加するスクリプトリソース
    なし
    2 フローティングIPリソース script1
    3 script2
    ※新規に追加するスクリプトリソース
    フローティングIPリソース
  3. script1の stop.bat の末尾に以下のコマンドラインを追加します。

    (以下のコマンドラインでは、一度実IPアドレスを削除し、SkipAsSource フラグを無効にして再度追加します。)

    netsh int ipv4 delete address <インタフェース名> <実IPアドレス>
    netsh int ipv4 add address <インタフェース名> <実IPアドレス> <ネットマスク> skipassource=false
     <例>
    netsh int ipv4 delete address "イーサネット" 192.168.1.11
    netsh int ipv4 add address "イーサネット" 192.168.1.11 255.255.255.0 skipassource=false
  4. script2の start.bat の「:NORMAL」ラベルと「:FAILOVER」ラベルの直後に、以下のコマンドラインを追加します。 (以下のコマンドラインでは、一度実IPアドレスを削除し、SkipAsSource フラグを有効にして再度追加します。)

    netsh int ipv4 delete address <インタフェース名> <実IPアドレス>
    netsh int ipv4 add address <インタフェース名> <実IPアドレス> <ネットマスク> skipassource=true
     <例>
    netsh int ipv4 delete address "イーサネット" 192.168.1.11
    netsh int ipv4 add address "イーサネット" 192.168.1.11 255.255.255.0 skipassource=true
  5. [設定の反映]を実行します。
    クラスタ起動状態の場合、グループの停止、クラスタサスペンド、クラスタリジュームを促すメッセージが表示されますので[OK]ボタンを押します。

製品名カテゴリ

CLUSTERPRO X

補足/関連情報

このFAQの対象製品バージョンは以下のとおりです。

  CLUSTERPRO X 1.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 2.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 2.1 for Windows
  CLUSTERPRO X 3.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 3.1 for Windows
  CLUSTERPRO X 3.2 for Windows
  CLUSTERPRO X 3.3 for Windows
  CLUSTERPRO X 4.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 4.1 for Windows
  CLUSTERPRO X 4.2 for Windows

  • コンテンツID: 3150100734
  • 公開日: 2010年04月23日
  • 最終更新日:2021年01月29日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。