ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

【ftサーバ/VMware vSphere】システムが二重化しない場合の一次解析方法について

質問内容

システムが二重化されない場合の一次解析方法を教えてください。

回答内容

お客様にて一次解析を行って頂く場合、
ftsmaint lsLong コマンドを実行し、各デバイスの状態を確認して頂く方法があります。

ftsmaint lsLong コマンドは、各デバイスに付与された「デバイスパスID」に対し
その詳細情報を表示します。デバイスパスIDが表すデバイスについては、
運用ガイドまたはメンテナンスガイドの「デバイスパス一覧」の項を参照ください。

障害が発生した場合は、以下の手順を実施してください。

(1) ft管理アプライアンスにrootユーザアカウントでログインし、
    以下のコマンドを実行してください。
      # /opt/ft/bin/ftsmaint lsLong

(2) ftsmaintコマンドがエラーになった場合は、ft管理アプライアンス上の
    二重化状態監視プロセスが正しく動作していない可能性があります。
    下記「関連情報」に記載しているコンテンツを参照ください。

(3) ftsmaint lsLong コマンドにて、各デバイスに対する詳細情報が表示された場合は
    "Op State" が "SIMPLEX" と表示されるデバイスを探します。
     該当デバイスの相手側のデバイスに障害が発生している可能性があります。

代表的な障害のパターンとして、以下のパターンがあります。

◆  CPUモジュールに故障が発生している場合

  (※)デバイスパスID "0" は、CPU/IOモジュール0側のCPUモジュールを表します。
        相手側のデバイスは、CPU/IOモジュール1側のCPUモジュールであり
        デバイスパスID は "1" です。

   <SIMPLEXが表示されるデバイス>
    H/W Path : 0
    Description : Combined CPU/IO
    State : ONLINE
    Op State : SIMPLEX ・・・(*1)
    Reason : PRIMARY

   <相手側のデバイス>
    H/W Path : 1
    Description : Combined CPU/IO
    State : BROKEN ・・・(*2)
    Op State : SHOT ・・・(*3)
    Reason : NONE

   (*1) "0" の "Op State" が "SIMPLEX" と表示されます。
   (*2) 相手側 "1" の "State" が "BROKEN" と表示されます。
   (*3) 相手側 "1" の "Op State" が "SHOT" と表示されます。

 
◆ IOモジュールに故障が発生している場合

  (※)デバイスパスID "10" は、CPU/IOモジュール0側のI/Oモジュールを表します。
        相手側のデバイスは、CPU/IOモジュール1側のI/Oモジュールであり
        デバイスパスID は "11" です。

   <SIMPLEXが表示されるデバイス>
    H/W Path : 10
    Description : Combined CPU/IO
    State : ONLINE
    Op State : SIMPLEX ・・・(*1)
    Reason : PRIMARY

   <相手側のデバイス>
    H/W Path : 11
    Description : Combined CPU/IO
    State : BROKEN  ・・・(*2)
    Op State : BROKEN ・・・(*2)
    Reason : DIAGNOSTICS_FAILED

   (*1) "10" の "Op State" が "SIMPLEX" と表示されます。
   (*2) 相手側 "11" の "State" 及び "Op State" が "BROKEN" と表示されます。


 ◆ ディスク縮退が発生し再同期中の場合

  (※)デバイスパスID "10/40/1" は CPU/IOモジュール0側のスロット0の
    ディスクドライブを表します。
    相手側のデバイスは、CPU/IOモジュール1側のスロット0の
    ディスクドライブであり、デバイスパスID は "11/40/1" です。
    ft制御ソフトウェアのバージョンにより、以下のように表示される場合が
    ありますので、適宜読み替えてください。
      vmhba100500 → vmhba0
      vmhba110500 → vmhba1

   <SIMPLEXが表示されるデバイス>
    H/W Path : 10/40/1
    Description : Disk Drive
    State : ONLINE
    Op State : SIMPLEX ・・・(*1)
    Reason : NONE

   <相手側のデバイス>
    H/W Path : 11/40/1
    Description : Disk Drive
    State : ONLINE
    Op State : SYNCING ・・・(*2)
    Reason : NONE

   (*1) "10/40/1" の "Op State" が "SIMPLEX" と表示されます。
   (*2) 相手側 "11/40/1" の "Op State" が "SYNCING" と表示されます。

   ディスク縮退が発生している場合は、同時に以下のコマンドを実行します。

  ■ESXi 6.7以前のバージョンの場合
   # esxcli -s <ESXi ホストのIP アドレス> storage mpm list

  ■ESXi 7.0の場合
   # esxcli -s <ESXi ホストのIP アドレス> ftsys mpm list

   ディスクの同期が外れ再同期中の場合、一時的に切り離されたディスク
   の状態が [ syncing ] と表示されます。
   ディスクが二重化している場合は双方が [ in_sync ] と表示されます。

  (コマンド実行例)
       # esxcli -s xxx.xxx.xxx.xxx storage mpm list
       Info
       ----------------------------------------------------------------
       mpm0 : 143066368 blocks (139713 MB) [2/2]
        |     recover=0.6% (932224/143066368) finish=480.1min (4906K/s)
        \_ vmhba100500:C0:T0:L0 (10/40/1)         [ in_sync ]
        \_ vmhba110500:C0:T0:L0 (11/40/1)         [ syncing ]


 ◆ イーサネットケーブルが接続されていない場合

  (※)デバイスパスID "10/6" は CPU/IOモジュール0側の
         ネットワークコントローラを表します。
         相手側のデバイスは、CPU/IOモジュール1側のネットワークコントローラであり
         デバイスパスID は "11/6" です。
    ft制御ソフトウェアのバージョンにより、以下のように表示される場合が
    ありますので、適宜読み替えてください。
    なお、末尾の数字0, 2は環境によって変化することがあります。
      vmnic100600 → vmnic0
      vmnic110600 → vmnic2

   <SIMPLEXが表示されるデバイス>
    H/W Path : 10/6
    Description : Network Ctlr
    State : ONLINE
    Op State : SIMPLEX ・・・(*1)
      :
      :
    H/W Path : vmnic100600
    Description : Network Interface
    State : ONLINE
    Op State : SIMPLEX ・・・(*1)
    Reason : NONE

   <相手側のデバイス>
    H/W Path : 11/6
    Description : Network Ctlr
    State : ONLINE ・・・(*2)
    Op State : ONLINE ・・・(*2)
      :
      :
    H/W Path : vmnic110600
    Description : Network Interface
    State : BROKEN ・・・(*3)
    Op State : BROKEN ・・・(*3)
    Reason : MEDIA_DISCONNECT ・・・(*4)

   (*1) "10/6" の "Op State" が "SIMPLEX" と表示されます。
   (*2) 相手側 "11/6" の "State" 及び "Op State" は "ONLINE" と表示されます。
   (*3) "11/6" の ネットワークインターフェース である "vmnic110600" を確認します。
        "State" 及び "Op State" が "BROKEN" と表示されます。
   (*4) "vmnic110600" の "Reason" が "MEDIA_DISCONNECT" と表示されている場合は、
        イーサネットケーブルが接続されていないと判断します。


なお、詳細な調査を行う場合は、buggrabberログを採取し
NEC カスタマーサポートセンターへお問い合わせください。

buggrabberログの採取方法については下記「関連情報」に記載している
コンテンツを参照ください。
※「関連情報」に記載しているコンテンツはご契約内容により閲覧できない場合があります。

対象機器

Express5800/ftサーバ(VMwareモデル)

製品名カテゴリ

ftSys for VMware vSphere

関連情報

  • コンテンツID: 3150109521
  • 公開日: 2015年04月01日
  • 最終更新日:2021年05月31日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。