ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

【SX-Aurora TSUBASA】HPCライセンス管理ソフトウェアFAQ

質問内容

ライセンス管理ソフトウェア(ライセンスサーバー)関連

  1. 以下のようなエラーが出力されライセンスサーバーが起動できません。
    aur_license_server[16057]: Warning: Invalid license! (line=3)
    aur_license_server[16057]: No valid license.
    systemd[1]: aurlic-server.service: control process exited, code=exited status=1

  2. 以下のようなエラーが出力されライセンスサーバーが起動できません。
    # systemctl start aurlic-server
    Job for aurlic-server.service failed because a timeout was exceeded.
    See "systemctl status aurlic-server.service" and "journalctl -xe" for details.

  3. license.dat を編集したところ、以下のようなエラーが出力されライセンスサーバーが起動しなくなりました。
    aur_license_server: Broken license file.
    aurlic-server.service: control process exited, code=exited status=1

ライセンス管理ソフトウェア(ライセンスアクセスライブラリ)関連

  1. ライセンス製品(例: nfort)利用時に、ライセンスサーバーが見つかりません。
    $ nfort sample.f90
    nfort: Fatal: License: get server address[sv_host:7300]: Name or service not known

  2. ライセンス製品利用時に、ライセンスサーバーへの接続エラーとなります。
    $ mpincc sample-mpi.c
    ncc: Fatal: License: Failed to connect to xx.xx.xx.xx (port=7300): Connection refused

  3. コンパイラ実行時に、以下のライセンスエラーが発生します。
    $ mpincc sample-mpi.c
    ncc: Fatal: License: Unknown host.

  4. ライセンスサーバーがダウンしている場合、ライセンスエラーになるのでしょうか。

ライセンス発行システム関連

  1. ライセンス発行システムにログインするためのユーザーIDがわかりません。

  2. ライセンスファイルのダウンロードの際、ライセンス発行規約のボタンを押しても「同意する」のボタンを押すことができません。

  3. SDKライセンスを登録する際、実行ホストのホストID/ホスト名には何を登録すればいいですか。

  4. コンパイルをおこなうホスト(SDKライセンスの実行ホスト)を変更することはできますか。

  5. ライセンスサーバーを変更することはできますか。

  6. ライセンスサーバーを変更する際、変更画面で変更前後のMACアドレスを入力しても OKボタンが有効になりません。

  7. 登録済みのライセンス発行キーを他のライセンスサーバーで使用することはできますか。

  8. ライセンス発行システムにログイン時にパスワードを複数回間違えてしまい、アカウントがロックされてしまいました。 アカウントを有効にするにはどうすればよいでしょうか。

その他

  1. HPCソフトウェアのライセンス管理機能に関する最新版のドキュメントはどこにありますか。

  2. トライアルライセンスの使用期限はいつまでですか。

  3. トライアルライセンスの発行回数に制限はありますか。

  4. 正式ライセンスとトライアルライセンスを混在利用はできますか。

  5. マザーボードを交換後、ライセンス関連のエラーが出るようになりました。

回答内容

ライセンス管理ソフトウェア(ライセンスサーバー)関連

  1. ライセンス発行キーの登録がされていないと考えられます。
    登録状況の確認と登録作業をしていただくようお願いします。 詳細はHPC ソフトウェアライセンス管理説明書の 5.3節を参照してください。
    # /opt/nec/aur_license/bin/reg_serialkey --check
    License-Issue-Key is not registered for the license (line=3)

    上記メッセージが出力された場合、ライセンス発行キーの登録を行ってください。
    # /opt/nec/aur_license/bin/reg_serialkey License-Key
    # /opt/nec/aur_license/bin/reg_serialkey --check
    OK

    OKが出力されれば登録完了ですのでライセンスサーバーを再起動してください。

  2. RHEL/CentOS 8.* で SELINUXが有効な環境でライセンスサーバーをご利用になる場合は、 以下の設定をしていただきますようお願いします。
    # semanage fcontext -a -t var_log_t "/var/opt/nec/aur_license(/.*)?"
    # restorecon -R -F -v -r /var/opt/nec/aur_license

    なお、semanage がインストールされていない場合は、以下の手順でインストールしてください。
    # dnf install policycoreutils-python-utils

  3. ライセンスサーバー起動時にライセンスファイルの改竄チェックをしています。
    ライセンス発行システムから再ダウンロードし、ダウンロードしたファイルをそのまま使用してください。

ライセンス管理ソフトウェア(ライセンスアクセスライブラリ)関連

  1. /opt/nec/aur_license/aur_license.conf ファイルの License_server_host=sv_hostに登録されている sv_host のホスト名->IPアドレス解決ができないために発生しています。
    License_server_host= エントリに登録されているホスト情報が /etc/hosts に登録されているかを確認してください。
    License_server_host=にはライセンスサーバーのIPアドレスを指定することも可能です。

  2. 以下について確認してください。
    1. ライセンスサーバーのサービスが起動していること。
    2. 実行ホスト上の/opt/nec/aur_license/aur_license.confに、 接続先のライセンスサーバーのホスト名が正しく設定されていること。
      License_server_host=<ホスト名またはIPアドレス>
    3. ライセンスサーバー上で、License_server_portで指定した通信用ポート(既定値:7300/tcp)がファイアウォールによりブロックされていないこと。

  3. ライセンス発行システムで、SDKの実行ホストにコンパイラを実行するホストが正しく登録されているか確認してください。
    登録する実行ホストについてはライセンス発行システム関連/項番3もご確認ください。

  4. ライセンスアクセスライブラリ R1.6以降をご利用の場合は、 ライセンスサーバーのダウンを検出してから 8日以内であれば限られた条件でライセンスは利用可能です

ライセンス発行システム関連

  1. ログインページから「ユーザーID、パスワードを忘れた方はこちら」に進んでください。
    登録されたメールアドレス、ライセンス発行キーを入力して「確定」を押してください。
    発行システムから連絡が届きます。
    ユーザーIDを通知いたします。
    ユーザーID: your-account

    マイページへログインはこちら
    URL: https://www.hpc-license.nec.com/aurora/login

  2. 「ライセンス発行規約」の確認画面を最後までスクロールして発行規約をお読みいただくことで 「同意する」ボタンがアクティブになることを確認してください。。

  3. 実行ホストのホスト名おおびホストIDは、コンパイラを動かすホストのホスト名および MACアドレスを登録します。
    ホスト名の文字列は大文字小文字も区別します。実行ホスト上の '/usr/bin/hostname'コマンドの出力結果をそのまま登録してください。
    MACアドレスは物理イーサーネットポートのMACアドレス(nn:nn:nn:nn:nn:nn)を指定してください。

  4. 可能です。
    マイページの「ライセンス発行状況情報」の表にある 「ホスト情報」ボタンから「SDKライセンスの実行ホスト情報(入力)画面」へ遷移し、 実行ホストの登録情報を変更してください。
    実行ホストの情報を変更後は、マイページからライセンスを再度ダウンロードしてください。

  5. 可能です
    マイページの [ライセンス再発行] からライセンスサーバーのMACアドレスを変更してください。

  6. ライセンスサーバーを変更する場合、はじめにお読みくださいの横の「注意事項」ボタンを押し、 注意事項の内容に「同意する」を押すとOKボタンが有効になります。

  7. 登録済みのライセンス発行キーを他のライセンスサーバーに移行することは、、 ライセンスの不正利用防止の観点からライセンス発行システムからの操作では変更できません。

  8. 5回パスワード入力失敗するとアカウントをロックします。
    再度アカウントを有効にするには、「ユーザーID、パスワードを忘れた方はこちら」に進んでください。 登録されたメールアドレス、ユーザーID、登録済のライセンス発行キーを入力して「確定」を押してください。
    ライセンス発行システムから登録済メールアドレスにアカウント登録用URLが送信されますので、そちらからパスワードを再登録してください。
    your-account

    パスワードのリセットをいたします。
    URL: https://www.hpc-license.nec.com/one_time_url
    URLへアクセスし、パスワードの設定をお願い致します。

その他

  1. 最新版の「HPCソフトウェアライセンス管理説明書」は以下で公開しています。
    https://www.hpc.nec/documents/guide/pdfs/HPC-LicenseManagementGuide_J.pdf
    https://www.hpc.nec/documents/guide/pdfs/HPC-LicenseManagementGuide_E.pdf

  2. トライアルライセンスは発行日の翌日から180日間使用可能です。
    たとえば、2018年4月1日に発行の処理を実施した場合、2018年9月28日まで使用することができます。

  3. トライアルライセンスの発行は、同一製品に対して1回のみです。

  4. 異なる製品であれば、正式ライセンスとトライアルライセンスを混在することは可能です。
    同一製品の正式ライセンスとトライアルライセンスは同時に使用できません。正式ライセンスが優先されます。

  5. マザーボードを交換したことにより、オンボードNICの MAC アドレスが変わったことが影響していると考えられます。
    交換されたマザーボードのオンボードNICのMACアドレスをご確認いただき、 HPCソフトウェアライセンス発行システムにログインしていただき、 ライセンスサーバーのホストIDを変更してください(参考)。
    また、SDKもご利用になっていらっしゃるようであれば、 あわせてSDK実行ホストのホストIDも変更してください(参考)。
    その後、新しくライセンスファイル(license.dat)をダウンロード後、 ライセンスサーバに配置(/opt/nec/aur_license/license.dat)していただき、 ライセンスサーバプロセスの再起動をお願いいたします。
    # systemctl restart aurlic-server

製品名カテゴリ

SX-Aurora TSUBASA Software

補足/関連情報

改版履歴

  • 2021/03/31 新規公開
  • 2021/04/28 英語版新規公開にともなう日本語版へのフィードバック
  • 2021/08/31 お客様対応フィードバック
    • マザーボード交換時の対処方法

関連情報

  • SDKライセンスに関する補足
  • コンテンツID: 3140106619
    [SX-Aurora TSUBASA]NEC Software Development Kit for Vector Engine (SDK) コンパイラ ライセンスの仕様変更に関するお知らせ
  • コンテンツID: 3150113692
  • 公開日: 2021年03月31日
  • 最終更新日:2021年08月31日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。