ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

CLUSTERPRO:「デスクトップとの対話を許可する」、「ウィンドウサイズ」を設定しても、デスクトップにアプリケーションを表示できません。

質問内容

「デスクトップとの対話を許可する」、「ウィンドウサイズ」を設定しても、デスクトップにアプリケーションを表示できません。

回答内容

Windows Server 2008以降では、アプリケーションリソース/スクリプトリソースの「デスクトップとの対話を許可する」、「ウィンドウサイズ」を設定しても、ログオンしているセッションとは異なるセッションでプロセスが起動するため、デスクトップにアプリケーションを表示させることができなくなりました。


以下の代替案を検討してください。

<概要>
OSのタスクスケジューラにアプリケーションを起動するためのタスクを登録しておき、CLUSTERPRO のスクリプトリソースから、タスクを実行/停止するためのコマンドを実行するように構成します。

<設定手順>

  1. OSのタスクスケジューラに、アプリケーション起動用のタスクを作成します。
  2. CLUSTERPROのスクリプトリソースにて、以下のように設定します。

    start.batの「:NORMAL」ラベルと「:FAILOVER」ラベルの直後に、以下のコマンドラインを追加します。
    schtasks /run /tn "タスク名"

    stop.batの末尾に以下のコマンドラインを追加します。
    schtasks /end /tn "タスク名"

製品名カテゴリ

CLUSTERPRO X

補足/関連情報

このFAQの対象製品バージョンは以下のとおりです。

  CLUSTERPRO X 1.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 2.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 2.1 for Windows
  CLUSTERPRO X 3.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 3.1 for Windows
  CLUSTERPRO X 3.2 for Windows
  CLUSTERPRO X 3.3 for Windows
  CLUSTERPRO X 4.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 4.1 for Windows
  CLUSTERPRO X 4.2 for Windows

  • コンテンツID: 3150115419
  • 公開日: 2021年01月29日
  • 最終更新日:2021年01月29日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。