ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

CLUSTERPRO:AWS DNSリソースのフェイルオーバ完了後、名前解決できるようになるまで数分かかります。原因を教えてください。

質問内容

AWS DNSリソースのフェイルオーバ完了後、名前解決できるようになるまで数分かかります。原因を教えてください。

回答内容

正常に名前解決できるまでに時間がかかる原因として、以下が考えられます。
  • Amazon Route 53 では、DNS レコードの変更が全体に適用されるまでに最長60秒かかるため。
    <ご参考>
    Amazon Route 53 のよくある質問
    https://aws.amazon.com/jp/route53/faqs/
    Q:Amazon Route 53 での DNS 設定の変更が全体に適用されるには、どのくらいの時間がかかりますか。
  • DNS のネガティブキャッシュの生存期間内だったため。
    (正常に名前解決可能となる前に名前解決が要求されるとネガティブキャッシュが作成されます。
    一度ネガティブキャッシュが作成されると、その生存期間内は名前解決に失敗します。)
  • OS側のリゾルバやDNSキャッシュの設定。

CLUSTERPRO の以下のパラメータを調整することで、正常に名前解決可能となるまでの時間を短縮できる可能性があります。 併せて、OS側のリゾルバの設定も確認してください。

  • AWS DNSリソース
    • [非活性時にリソースレコードセットを削除する]を無効(チェックOFF)にする。
    • [TTL]の値を短くする。
    <解説>
    [非活性時にリソースレコードセットを削除する]が有効の場合、リソースレコードセットを削除することでネガティブキャッシュが作成される可能性があります。(ネガティブキャッシュが存在している間は名前解決に失敗します。) また、ネガティブキャッシュの生存期間(TTL)はCLUSTERPROでは設定できません。

    [リソースレコードセットを削除する]を無効にすることで、ネガティブキャッシュが作成されることを回避できます。 また、フェイルオーバ中に、フェイルオーバ前の古いキャッシュ情報が作成される可能性がありますが、こちらのキャッシュのTTLは、[TTL]の値で設定可能です。

  • AWS DNS監視リソース/モニタリソース
    • [監視開始待ち時間]を60秒以上、かつAWS DNSリソースの[TTL]以上に設定する。
    <解説>
    Amazon Route 53 では、DNS レコードの変更が全体に適用されるまでに最長60秒かかるため、[監視開始待ち時間]が60秒以下の場合、 監視処理実行時に行われる名前解決によってネガティブキャッシュや、フェイルオーバ前の古いキャッシュ情報が作成される可能性があります。 [監視開始待ち時間]を60秒以上に設定することで、DNS レコードの変更が全体に適用されてから名前解決を行うため、このような事象を回避できます。

    また、[監視開始待ち時間]がAWS DNSリソースの[TTL]以下の場合、フェイルオーバ直前にキャッシュが作成されていると、 その有効期限内に監視処理が開始され、名前解決で古いキャッシュ情報が取得されて監視異常を検出する可能性があります。 [監視開始待ち時間]を[TTL]以上に設定することで、古いキャッシュの有効期限が切れてから名前解決を行うため、 このような事象を回避できます。

製品名カテゴリ

CLUSTERPRO X

補足/関連情報

このFAQの対象製品バージョンは以下のとおりです。

  CLUSTERPRO X 4.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 4.1 for Windows
  CLUSTERPRO X 4.2 for Windows
  CLUSTERPRO X 4.3 for Windows

  CLUSTERPRO X 4.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.2 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.3 for Linux

  • コンテンツID: 3150115842
  • 公開日: 2021年12月28日
  • 最終更新日:2021年12月28日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。