ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

検索
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ホーム > サポート・ダウンロード > サポート情報 > サポートポータル > お問い合わせ > よくあるご質問(サポートFAQ) > よくあるご質問(サポートFAQ)・検索一覧 > よくあるご質問(サポートFAQ)・詳細

よくあるご質問(サポートFAQ)

【Veritas InfoScale 7.0.1】 RHEL7.x 環境において、OS 起動時にVeritas File System(VxFS)領域が自動的にマウントされない


質問内容

RHEL7.x と Veritas InfoScale 7.0.1 の環境において、/etc/fstab にて、
Veritas File System(VxFS)領域に対して、OS 起動時の自動マウントを正しく設定したにも
かかわらず、自動でのマウントに失敗します。
OS 起動後に手動でマウントはできますが、OS 起動時に、Veritas File System(VxFS)領域
を自動的にマウントする方法はありますか。


回答内容

ご質問の事象は、RHEL7.x に Veritas InfoScale 7.0.1 をインストールした環境で発生する
ことが製品開発元の Veritas Technologies LLC(Veritas社)において確認されており、
下記資料が公開されています。

- Post InfoScale 7.0.1 upgrade 
  VxFS filesystems listed in fstab fail to automatically mount during boot.

  <http://www.veritas.com/docs/000109317>

この事象は、vxvm-fstab-automount.service が適切に配置されておらず、有効になって
いないことが原因ですが、Veritas社が公開している上記資料の手順で改善することを
弊社でも確認しています。

以下にその手順を掲載いたします。

まず、この事象に該当する場合、OS 起動時のログに以下の出力があります。

【出力例】(適宜、改行を加えています)
-----------------------------------------------------------------------
$ journalctl -b
Jun 13 17:00:50 rhel72 systemd: Dependency failed for /testdir.
Jun 13 17:00:50 rhel72 systemd: Job testdir.mount/start failed with result 'dependency'.
Jun 13 17:00:50 rhel72 systemd: Dependency failed for File System Check
                                on /dev/vx/dsk/testdg/testvol.
Jun 13 17:00:50 rhel72 systemd: Job systemd-fsck@dev-vx-dsk-testdg-testvol.service/start failed
                                with result 'dependency'.
Jun 13 17:00:50 rhel72 systemd: Job dev-vx-dsk-testdg-testvol.device/start failed 
                                with result 'timeout'.
-----------------------------------------------------------------------

また、以下のように、vxvm-fstab-automount.service が適切に配置されておらず、有効に
なっていないことが確認できます。

【出力例】(適宜、改行を加えています)
-----------------------------------------------------------------------
$ ls -l /usr/lib/systemd/system/vxvm-fstab-automount.service
ls: cannot access /usr/lib/systemd/system/vxvm-fstab-automount.service: 
    No such file or directory
-----------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------
$ systemctl status vxvm-fstab-automount.service
vxvm-fstab-automount.service
   Loaded: not-found (Reason: No such file or directory)
-----------------------------------------------------------------------

上記に当てはまる場合は、以下の手順を実施することで当事象は改善されます。

 1. vxvm-fstab-automount.service をコピー
   ※ vxvm-fstab-automount.service は、/etc/vx/systemd にあります。
 # cp -f /etc/vx/systemd/vxvm-fstab-automount.service /usr/lib/systemd/system/vxvm-fstab-automount.service

 2. vxvm-fstab-automount.service を有効化
 # systemctl enable vxvm-fstab-automount.service

 3. /etc/fstab のエントリを確認
 # grep testdir /etc/fstab
 /dev/vx/dsk/testdg/testvol /testdir            vxfs    nofail,_netdev 0 0

 4. OS 再起動
 # shutdown -r now

 5. OS 再起動後、正しくマウントできているか確認
 # mount | grep testdir
  /dev/vx/dsk/testdg/testvol on /testdir type vxfs (rw,delaylog,largefiles,ioerror=mwdisable)

 6. vxvm-fstab-automount.service のステータス確認
 # systemctl status vxvm-fstab-automount.service
  vxvm-fstab-automount.service - VxVM automatic mount for fstab entries
     Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/vxvm-fstab-automount.service; enabled; vendor preset: disabled)
     Active: active (exited) since 金 2016-06-17 09:09:09 JST; 5 days ago
    Process: 18491 ExecStart=/etc/vx/init.d/vxvm-fstab-automount (code=exited, status=0/SUCCESS)
   Main PID: 18491 (code=exited, status=0/SUCCESS)
     CGroup: /system.slice/vxvm-fstab-automount.service
   
  6月 17 09:09:09 rhel72 systemd[1]: Starting VxVM automatic mount for fstab entries...
  6月 17 09:09:09 rhel72 systemd[1]: Started VxVM automatic mount for fstab entries.


※お願い※
お客様の状況が上記に該当しない、もしくは上記の対応手順をご実施いただいても
事象が改善されない場合は、まことにお手数ではございますが、
下記技術情報をご参考に Data Collector による情報採取を実施いただいた上で、
NEC サポートポータルまでお問い合わせをお願いいたします。
http://www.veritas.com/docs/000081310


対象機器

NEC Express 5800 シリーズ


製品名カテゴリ

Veritas InfoScale 7.0


対象製品

製品名: Veritas InfoScale Storage 7.0 Core License
リビジョン: 7.0.1
対象OS: RHEL 7
型番: UWT01A-N2004-I
製品名: Veritas InfoScale Enterprise 7.0 Core License
リビジョン: 7.0.1
対象OS: RHEL 7
型番: UWT01A-N2005-I
製品名: Veritas InfoScale Storage 7.0 Core License (1年間保守つき、1年間時間延長保守つき)
リビジョン: 7.0.1
対象OS: RHEL 7
型番: UWT01A-H2004-I、UWT01A-E2004-I
製品名: Veritas InfoScale Enterprise 7.0 Core License (1年間保守つき、1年間時間延長保守つき)
リビジョン: 7.0.1
対象OS: RHEL 7
型番: UWT01A-H2005-I、UWT01A-E2005-I
  • コンテンツID: 3150111251
  • 公開日: 2017年01月31日
  • 最終更新日:2017年01月31日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。


:参考になった。  :参考にならなかった。 
コメント欄:

ページの先頭へ戻る


Copyright NEC Corporation. All rights reserved.