ページの先頭です。
ここから本文です。

サポートサービスご紹介

Exastro IT Automation 導入支援サポート・保守サポートご紹介

本コンテンツは、Exastro IT Automationの導入支援/保守サポートサービスの紹介ページです。
Exastro IT Automationを導入するにあたり、サポートのご契約を検討される方はご参照のうえ、 下部に記載の「連絡・問合せ窓口」までご連絡をお願いいたします。

目次

Exastro IT Automationとは

Exastro IT Automationはシステム設定をデジタル化して一元管理するためのオープンソースのフレームワークです。詳細はオープンソースコミュニティーサイトをご確認ください。

導入支援と保守サポートサービスとは

導入支援/保守サポートの適用範囲

導入支援・保守サポートともに、サポートの適用範囲はExastro IT Automationとなります。
Red Hat Ansible Automation Platform(以降、Ansibleと記載)等の自動化ソフトウェアのサポートは含みません。

※Red Hat Ansible Automation PlatformのサポートもNECから提供しております。
詳細はRed Hat Ansible Automationサポートページをご確認ください。

Exastro IT Automation のサービス概要

Exastro IT Automationでは、導入検討から実際に運用を開始するまでを支援する「導入支援サービス」、 導入後の問い合わせ、障害調査を支援する「保守サポートサービス」を提供しています。

導入支援サービス/保守サポートサービスの違い

導入支援サービスと保守サポートサービス内容は下記の通りです。
適用PJの導入フェーズによって各サービスの活用頻度や有用性が異なりますので、導入フェーズに合わせたサービスをご利用いただくことを推奨しています。

導入支援サービス

提供サービス

No. サービス内容
1 問い合わせ 機能・仕様 コミュニティが提供するマニュアルの範囲内で問い合わせ対応を行います。
2 パッチ コミュニティが提供するパッチに関する問い合わせに対応します。
3 レクチャ Exastro IT Automationの使い方をご説明します。
4 活用手段の提案 Exastro IT Automationの有識の立場から、最大の効果が得られる活用手段を、プロジェクトの状況を鑑みながらコンサルティングします。
※成果保証ではなく、時間の範囲内でベストエフォートで貢献します。(タイムアンドマテリアル方式)
※月~金 8:30~17:30 (土日、祝祭日およびNECの休日を除く)での対応となります。

サービスメニュー

No. サービス内容 プラン
スタンダード プレミアム
1 問い合わせ 機能・仕様
2 パッチ
3 レクチャ
(※1)

(※2)
4 活用手段の提案  
(※1)マニュアルの範囲内での基本操作のレクチャが可能です
(※2)基本的な操作から、プロジェクトにフィットした操作まで幅広いレクチャが可能です
費用は下記問い合わせ窓口までご連絡をお願いいたします。

保守サポートサービス

提供サービス

No. サービス内容
1 問い合わせ 機能・仕様 コミュニティが提供するマニュアルの範囲内で問い合わせ対応を行います。
2 パッチ コミュニティが提供するパッチに関する問い合わせに対応します。
3 障害調査 発生現象の確認・調査 発生現象の確認と、過去に発生した障害の調査を行います。
4 メッセージの調査 該当ソフトウェアが出力する各種ログの調査を行います。
5 再現環境の構築・評価 NECでの再現環境構築、評価を行います。
6 コミュニティへのフィードバック 新規障害判明時、コミュニティに対する障害報告と措置への働きかけを行います。
ただし、本サービスは、コミュニティによる障害解決を保証するものではありません。
7 パッチ情報提供 重大な開発項目に対するパッチ コミュニティが提供するセキュリティやバグ修正のパッチの有無を確認し、情報を提供します。
※月~金 8:30~17:30 (土日、祝祭日およびNECの休日を除く)での対応となります。

サービスメニュー

※インスタンス数のカウント方法はこちら

プラン 費用 対応内容
商用利用
ご利用インスタンス数を
ご確認の上、下記
問合せ窓口までご連絡を
お願いいたします。
商用利用の場合はこちらをご選択願います
商用非利用
(開発/検証用途)
PoC、連携機能の開発、検証、商用ミラー環境でのご利用に限定したサービスです。

インスタンス数のカウント方法

インスタンス数について

Web/AP機能 or Backyard機能を搭載するサーバ数をカウントします。
自動化ソフトウェア向けのエージェント機能はカウント対象外です。

例.オールインワン構成の場合

オールインワン構成の場合、Web/AP機能、Backyard機能が全て1つのサーバに搭載されているため、インスタンス数は1とカウントします。

コンテナ環境にインストールする場合はPod単位でインスタンス数をカウントします。



例.ハイアベイラビリティ構成の場合

ハイアベイラビリティ構成の場合、Web/AP機能、Backyard機能が搭載されているサーバをカウントします。
  ※自動化ソフトウェア(Ansible等)向けのエージェント機能はカウントしません。


サーバ分散型HA構成

以下の図に示す例の場合、Web/AP機能を搭載したサーバが2台、Backyard機能を搭載したサーバが2台あるためインスタンス数は4とカウントします。


オールインワン型ハイアベイラビリティ同期構成

以下の図に示す例の場合、Web/AP機能、Backyard機能が全て1つのサーバに搭載されているため、インスタンス数は2(現用系+待機系)とカウントします。

連絡・問合せ先

連絡・問合せ窓口

NEC サービス&プラットフォームSI事業部 contact@exastro.jp.nec.com

窓口対応日/対応時間帯

月~金 8:30~17:30 (土日、祝祭日およびNECの休日を除く)


  • コンテンツID: 3030100331
  • 公開日: 2020年03月16日
  • 最終更新日:2021年04月22日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。
ページ共通メニューここまで。