ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

【JobCenter】 nssetupコマンドを実行してもnsumsmgrユーザが作成されていなかった

質問内容

UNIX環境にJobCenterを新規にインストールしようとしています。
パッケージインストール後にnssetupコマンドにてセットアップを実施したところ、未作成のはずのnsumsmgrユーザが存在するメッセージが表示され、そのままセットアップが続行されました。
  making UMS environment...
  User "nsumsmgr" already exists.
  Start adding to qmgr.

セットアップ後に /etc/passwd を確認しましたが、nsumsmgrユーザは存在していませんでした。

現在はどのような状態でこの後何を行なえば良いでしょうか?

回答内容

UNIX版JobCenterでは、JobCenter管理者であるnsumsmgrユーザがOS上に存在する必要があります。
nsumsmgrユーザが存在しない場合はnssetupコマンドにより自動的に作成しますが、nsumsmgrという文字列を含むユーザまたはグループが存在する場合は作成できません。

お客様環境では上記原因によりnsumsmgrユーザが作成できなかったと考えられます。
この場合、通常のセットアップで実施する以下の設定が行われていない状態になります。
・nsumsmgrユーザの作成とパスワードの設定
・UMS環境の設定

本事象はセットアップ前に以下のいずれかを行うことで回避できます。
・OSの機能によりnsumsmgrユーザを作成しパスワードを設定する
・(問題がないのであれば)nsumsmgrという文字列を含むユーザやグループを削除する

本事象が発生した場合は、対処としてセットアップ時に実施できなかった設定を個別に実施してください。
・OSの機能によりnsumsmgrユーザを作成しパスワードを設定する
・/usr/lib/nqs/gui/bin/mkumsenvsh を実行する(UMS環境を設定する)

製品名カテゴリ

WebSAM JobCenter

対象製品

品名: JobCenter
リビジョン: 全バージョン
対象OS: HP-UX
Linux
Solaris
AIX
  • コンテンツID: 3150114459
  • 公開日: 2019年07月18日
  • 最終更新日:2019年07月18日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。