ページの先頭です。
ここから本文です。

修正情報・ダウンロード

装置情報収集ユーティリティ (Windows版 Ver 3.1.7)

概要

・iLO5ファームウェアバージョン 1.40に対応しました。
・障害情報採取ツール(COLLECT)を更新しました。

製品名カテゴリ

装置情報収集ユーティリティ

対象製品

品名 装置情報収集ユーティリティ
リビジョン Ver 3.1.7
対象OS 別欄にて記載
型番
修正情報

【説明】 
装置情報収集ユーティリティ (Windows版 Ver 3.1.7) モジュール

【ファイル名】 
Ez-clct_WinV317.zip
(形式:ZIP サイズ:14,492,848バイト)


【説明】 
使用許諾書

【ファイル名】 
agreement.txt
(形式:TXT サイズ:7,665バイト)



種別

修正情報

障害区分

その他

障害内容/強化内容

・iLO5ファームウェアバージョン 1.40に対応しました。
・障害情報採取ツール(COLLECT)強化内容
  Windows Server 2019向け情報採取を追加

対処が必要となる製品がインストールされているかを確認する方法

コントロールパネルの"プログラムの追加と削除"または"プログラムと機能"に以下の項目が表示
されれば、本ユーティリティはインストールされています。

      "Product Info Collection Utility(Vx.x.x)"

対処が正しく適用されていることを確認する方法

(1) コントロールパネルの"プログラムの追加と削除"または"プログラムと機能"の以下の項目
    が、今回適用したバージョンになっていることを確認してください。
    バージョンは、(Vx.x.x)の部分にて確認できます。

       "Product Info Collection Utility(Vx.x.x)"

(2) コマンドプロンプトで "set" コマンドを実行し、コマンドプロンプトに出力された環境変数に
    "EZCLCTDIR" が登録されているか確認してください。

    例)
        C:\>set
              :
        EZCLCTDIR=C:\ezclct           (デフォルトのフォルダにインストールした場合)

対象機器

・Expressサーバ Express5800シリーズ
・iStorage NSシリーズ
・エンタープライズサーバ NX7700xシリーズ

モデルによって、本ユーティリティ適用済みの場合がありますが、なるべく新しい
バージョンのユーティリティを使用したほうがより詳細な装置情報を採取可能です。
対象OSは以下の通りです。

・ Windows Server 2003 (R2含む)
・ Windows Server 2003 x64 Editions (R2含む)
・ Windows Server 2008
・ Windows Server 2008 x64 Editions (R2含む)
・ Windows Server 2012 x64 Editions (R2含む)
・ Windows Server 2016
・ Windows Server 2019

適用方法

(1) 本ユーティリティをハードディスクの適当な場所に、ダウンロードします。

(2) ダウンロードしたzipファイルを適当な場所にすべて展開します。フォルダの配下に、
    以下のファイルが解凍されます。
      ・ez_setup.exe
      ・readme.txt
    readme.txt の手順に従って、ユーティリティのインストールを行ってください。

    ※ Windows Server 2016またはWindows Server 2019以外のOSの場合、これで作業は完了です。

(3) Windows Server 2016またはWindows Server 2019で新規インストールした場合は、
    システムを再起動してください。Windows Server 2016またはWindows Server 2019で
    アップデートした場合は、システムの再起動は不要です。

補足

解凍された手順書(readme.txt)はWindows(R) OS添付の「メモ帳」等でご覧になれます。
本ユーティリティの使用方法は、解凍された手順書 (readme.txt) をご参照ください。 

  • コンテンツID: 9010108461
  • 公開日: 2019年07月11日
  • 最終更新日:2019年07月11日
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。