ページの先頭です。
ここから本文です。

修正情報・ダウンロード

RESTful Interface Tool (Linux版 Ver 3.0.0.0)

概要

iLO5ファームウェアバージョン 2.10に対応しました。

対象製品

品名 RESTfulインターフェースツール
リビジョン Ver 3.0.0.0
対象OS 別欄にて記載
型番
修正情報

【説明】 
RESTful Interface Tool (Linux版 Ver 3.0.0.0)  モジュール

【ファイル名】 
RESTful_3.0.0.0.zip
(形式:ZIP サイズ:9,229,050バイト)


【説明】 
使用許諾書

【ファイル名】 
agreement.txt
(形式:TXT サイズ:5707バイト)



種別

リビジョンアップ

障害区分

その他

障害内容/強化内容

iLO5ファームウェアバージョン 2.10に対応しました。

対処が正しく適用されていることを確認する方法

本ユーティリティーをインストールすると、/usr/sbin配下に"ilorest"(実行ファイル)が
置かれます。インストール状況の確認は、"ilorest"の有無を確認してください。

対象機器

以下のディストリビューションが動作する、PCサーバ Express5800シリーズおよび
エンタープライズサーバ NX7700xシリーズを対象とします。

<対象ディストリビューション>
 ・Red Hat Enterprise Linux 8.x Server
 ・Red Hat Enterprise Linux 7.x Server

適用方法

(1) OS(Linux)が起動した後、zipファイルを任意のディレクトリにコピーし展開して下さい。

(2) zipファイルを展開したディレクトリ内に、以下のファイルがあることを確認してください。
     ・ilorest_inst.sh : インストーラー
     ・ilorest-X.X.X.X-ZZZ.x86_64.rpm : RESTful Interface Tool インストールモジュール
       ※ X.X.X.X=ilorestバージョン、ZZZ=インストールパッケージバージョン

(3) コンソールから以下の方法でインストーラを実行して下さい。
    # sh ilorest_inst.sh
    本ユーティリティーのインストールを開始します。
    (インストール完了後、ilorest_inst.sh, ilorest-X.X.X.X-ZZZ.x86_64.rpmは削除しても
     問題ありません。)

(4) OS(Linux)を再起動して下さい。

  • コンテンツID: 9010109150
  • 公開日: 2020年07月29日
  • 最終更新日:2020年07月29日
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。