ページの先頭です。
ここから本文です。

技術情報

Windows Server 2022 サポート情報

目次

Windows Server 2022 について

Windows Server 2022 は、セキュリティの強化、Azureとのハイブリッド機能の強化、コンテナ機能の強化などを施した、最新のサーバーOSです。

本サイトでは、Express5800シリーズにおける Windows Server 2022 に関する情報を紹介します。

Windows Server 2022 の詳細は、以下のWebサイトを参照してください。

Express5800シリーズにおけるサポート状況

以下の「対応モデル」に記載したモデルおよび「対応モデル」より新しいモデルで、Windows Server 2022 をご使用いただけます。

※「対応モデル」より新しいモデルは、Windows Server 2022 に標準対応しています。

OSのエディション

「対応モデル」でサポートするエディションは次のとおりです。

  • Windows Server 2022 Standard
  • Windows Server 2022 Datacenter
  • Windows Server 2022 Essentials (プリインストールモデル(専用型番)のみ対応)

対応モデルを購入のお客様

Windows Server 2022 をご使用いただくためには、Windows Server 2022 に対応した Starter Pack または EXPRESSBUILDER が必要です。

以下のインストール作業に関する注意事項をご確認のうえ、「対応モデル」一覧からモデル名を選択すると表示される該当モデルの Windows Server 2022 サポート情報を参照して、Starter Pack または EXPRESSBUILDER を入手してください。

Windows Server 2022 インストール作業に関する注意事項

  • Windows Server 2022 のインストールに関して
    • 本サイトでご紹介する各モデルの Starter Pack または EXPRESSBUILDER は、Microsoft社が提供している評価版OSへの適用はサポートしていません。
    • Windows Server 2022 をインストールする際は、「インストレーションガイド(Windows編)」または「インストレーションガイド(Windows Server 2022編)」を参照して、事前にインストール手順を確認してください。
    • Windows Server 2022 を使用する際は、TPMキット(TPM2.0準拠)が必要です。使用可能なTPMキットは、当該するモデルのシステム構成ガイドで確認してください。
    • 使用するオプション製品が Windows Server 2022 に対応しているか、該当するモデルのシステム構成ガイドで確認してください。
  • Windows Server 2022 をインストールする前に必要な作業
    • RAIDシステムを構築するときは、事前に論理ドライブを構築してください。論理ドライブの作成手順は、各モデルのユーザーズガイド等を確認してください。
    • RDXなどの周辺機器が接続されている場合は、装置本体との接続を外すか、または、周辺機器によっては休止状態にしてください。取り付け、取り外し方法については、各モデルのユーザーズガイド等を確認してください。
    • UPS装置が接続されている場合は、装置本体との接続を外してください。取り付け、取り外し方法については、各モデルのユーザーズガイド等を確認してください。

対応モデル

ラックサーバ
モデル名 サポート時期
Express5800/R120i-2M
Express5800/R120i-1M
2021年12月24日
Express5800/R120h-2M, R120h-2M (2nd-Gen), R120h-2M (3rd-Gen)
Express5800/R120h-1M, R120h-1M (2nd-Gen), R120h-1M (3rd-Gen)
2022年 7月 ※
Express5800/R120h-2E, R120h-2E (2nd-Gen), R120h-2E (3rd-Gen)
Express5800/R120h-1E, R120h-1E (2nd-Gen), R120h-1E (3rd-Gen)
2022年 10月 ※
Express5800/R110j-1M 2022年 10月 ※
タワーサーバ
モデル名 サポート時期
Express5800/T120h, T120h (2nd-Gen), T120h (3rd-Gen) 2022年 10月 ※
Express5800/T110k
Express5800/T110k-S
2022年 3月25日

※今後変更となることがあります。

ソフトウェア対応

NECの主なソフトウェア製品では、Windows Server 2022 への対応を予定しています。
詳細については、「Windows Server 2022 ソフトウェア対応状況」を参照してください。

Secured-core Server

Secured-core Server の詳細は、以下のWebサイトを参照してください。

以下のモデルで Secured-core Server に対応しています。(CPUにPentiumを搭載時は未対応)

ラックサーバ
モデル名 備考
Express5800/R120i-2M
Express5800/R120i-1M
Express5800/R110k-1

※Secured-core Server の有効化方法については、以下の手順書をご確認ください。

Windows Server 2022 Hyper-V

Windows Server 2022 Hyper-Vに関するサポート情報は、「Windows Server 2022 Hyper-Vのサポートについて」を参照してください。

Windows Admin Center

Windows Admin Centerに関するサポート情報は、「Windows Admin Centerサポート情報」を参照してください。

英語版について

英語版の Windows Server 2022 を使用する際は、「Windows Server 2022 英語版 のサポートについて」をご確認ください。

技術情報

NICチーミング(LBFO)

NICチーミングの設定、注意、および制限事項は、以下の手順書をご確認ください。

注意制限事項

各モデル固有の注意制限事項については、該当するモデルのサポート情報をご確認ください。

注意事項

  • Express5800シリーズでは、Nano Serverインストールオプションをサポートしていません。
  • Wake On LANは、標準装備のネットワークアダプターのみサポートしています。
  • オフラインの状態のとき、一部機能のヘルプを選択すると、"このms-contact-supportを開くには新しいアプリが必要です"と表示され、ヘルプが表示されないことがあります。
    ヘルプを確認するときは、別途インターネットに接続されている環境から参照してください。
  • ReFS(Resilient File System)に関するMicrosoft社のサポート方針が変更されました。
    詳細は、「ReFS サポート情報」を参照してください。
  • Server Core 使用時の注意事項
    • ESMPRO/ServerAgentService を Server Core上で使用するとき、「ESMPRO/ServerAgentService Ver.2.1 インストレーションガイド(Windows編)」に記載の注意事項を確認してください。
    • ESMPRO/ServerManager は、Server Core上では使用できません。
  • BitLocker 使用時の注意事項
    • 回復パスワードがない場合、OSが起動不可になり、BitLockerで暗号化したパーティションに二度とアクセスできません。必ず、BitLockerを使用するサーバー以外の安全な場所に回復パスワードを保管してください。詳細は「インストレーションガイド(Windows Server 2022編)」を参照してください。
    • BitLockerで暗号化したパーティションにOSを再インストールするときは、あらかじめBitLockerで暗号化したパーティションを削除してください。
  • OEM版 Windows Server 2022 Remote Desktop Services CAL(RDS CAL)を旧バージョンOSに適用する際、プロダクトキーの入力に失敗します。
    その為、Microsoft社への電話による認証手続きが必要です。
    【弊社対象製品】
    • UL1907-021~024、-H021~H024、-J021~J024、-031~034、-H031~H034、-J031~J034 Windows Server 2022 RDS CAL
    【発生する事象】
    • 旧バージョンOSで構築されたライセンスサーバーに、製品添付のプロダクトキーを入力すると拒否される。
    【対処方法】
    • Microsoft社クリアリングハウス(ライセンス認証窓口)に電話し、オペレーターに繋いで、「NEC OEM版 RDS CALのプロダクトキーが登録できない」と説明してください。[電話番号:0120-801-732]
  • ディスクのクリーンアップタスク(SilentCleanup)により、%TEMP%フォルダー配下が削除されてしまうことがあります。
    詳細は、KB4506040を参照してください。
    【回避策】
    • 回避策1:タスクの削除対象から%TEMP%フォルダーを外す。
    • 回避策2:削除までの猶予期間(既定値:7日間)を延ばす。
  • クラスターセットを日本語環境で使用する場合、仮想マシンをクラスターセットに正常に登録できない問題があります。
    詳細は、こちらを参照してください。
    【回避策】
    • 仮想マシンのクラスターリソース(※)の名称を英語表記に変更する。
      (※) 仮想マシンリソースと仮想マシン構成リソース
  • PowerShell のコンソールで日本語の表示が文字化けする問題があります。
    詳細は、こちらを参照してください。
    【回避策】
    • 回避策1:コマンド プロンプトから PowerShell を起動する。
    • 回避策2:PowerShell のフォントを “MS ゴシック” に変更する。
  • Hyper-Vをアンインストールする際の注意事項
    Windows Server 2022 Hyper-V環境において、Hyper-Vをアンインストールすると ServerManager.exe が削除される事象が発生することがあります。
    【回避策】
    • 本事象はWindows Server 2022の累積更新プログラムで修正されています。
      Hyper-Vをアンインストールする前に、KB5005104以降の累積更新プログラムを適用してください。

      最新の累積更新プログラムについては、Windows Server 2022 の更新履歴を参照してください。

      Express5800シリーズで提供しているOS媒体(バックアップDVD-ROM)でインストールした環境、もしくはExpress5800シリーズのOSプリインストール環境には本事象の修正が含まれています。

      KB5005104以降の累積更新プログラムを適用していない環境で、Hyper-Vをアンインストールして ServerManager.exe が削除されてしまった場合にはOSの再インストールが必要です。
  • 制限事項

    • 記憶域スペースダイレクト(Storage Spaces Direct, S2D)は現時点で非サポートです。
    • 記憶域スペース(Storage Spaces)は非サポートです。
    •  

      ※商標および著作権

      • Microsoft、Windows、Windows Server、Hyper-V は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
      • その他、本サイトに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

製品名カテゴリ

R120h-1M
R120h-2M
R120h-1E
R120h-2E
T120h
R120h-1M (2nd-Gen)
R120h-2M (2nd-Gen)
R120h-1E (2nd-Gen)
R120h-2E (2nd-Gen)
T120h (2nd-Gen)
R120h-1M (3rd-Gen)
R120h-2M (3rd-Gen)
R110j-1M
R120h-1E (3rd-Gen)
T120h (3rd-Gen)
R120h-2E (3rd-Gen)
T110k-S
T110k
R120i-1M
R120i-2M
R110k-1
T110k バリューモデル
Windows Server 2022

ダウンロード

  • 更新履歴
  • ファイル名: WS2022 サポート情報の更新履歴 (形式:pdf サイズ:91KB)
    ※WS2022 サポート情報のコンテンツの更新履歴です。詳細は、こちらをご確認ください。
  • コンテンツID: 3140108402
  • 公開日: 2021年12月10日
  • 最終更新日:2022年04月12日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。
ページ共通メニューここまで。