ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

【DeliveryManager STD マネージャ 】64bit版Oracle database でDeliveryManager マネージャのプロセスが起動できない

質問内容

DeliveryManager Standard Editionのマネージャ(以降、DMMと記載します)で使用するデータベースとしてOracle databaseを使用している状態でDMMを起動すると、以下のsyslogメッセージが出力されて、DMMを起動することができません。
考えられる原因と対処方法について教えてください。

DM[nnnn]: Failed to initialize the database. Database may not have been set properly. Make sure that database name and user name and password by the SG support toolare executed properly.(xxxx,yyyy,zzzz)
  • 実際には、1行で出力されます。
  • nnnn は、DMのプロセスID。xxxx,yyyy,zzzz は、DMの内部情報(エラー箇所、エラーコード等)。

回答内容

原因

以下の原因が考えられます。

原因1

Oracle database(64bit)を使用している環境で、DMMの環境にOracle client(32bit)のライブラリがインストールされていない。

原因2
 

Oracle database(64bit)を使用している環境で、Oracle client(32bit)のライブラリがインストールされているが、DMのインストール後に[/opt/SS/DeliveryManager/common/bin/dmsetup]で設定した、Oracle clientのライブラリのパスが、Oracle client(64bit)のライブラリのパスになっている。

対処手順

以下の対処手順を実施してください。

【原因1】の対処方法

DMMの環境にOracle client(32bit)のライブラリをインストールしてください。
Oracle client(32bit)のインストール時には、「管理者」または「ランタイム」を選択してください。

【原因2】の対処方法

「/opt/SS/DeliveryManager/common/lib/libclntsh.sl」のリンク先を以下のコマンドを実行して、確認してください。

ls -l /opt/SS/DeliveryManager/common/lib/libclntsh.sl

リンク先が、Oracle client(64bit)のライブラリとなっていた場合、DMMの再インストール(アンインストール→インストール)が必要となります。
再インストール後、[/opt/SS/DeliveryManager/common/bin/dmsetup]で、Oracle client(32bit)のライブラリのパスを設定してください。

対象機器

■管理元システム(DMマネージャ/DMM)
 ・WebSAM DeliveryManager Standard Edition (マネージャ)
 ・ESMPRO/DeliveryManager Standard Edition (マネージャ)

製品名カテゴリ

WebSAM DeliveryManager Standard Edition Ver8.2(HP-UX版)
WebSAM DeliveryManager Standard Edition Ver8.3(Linux版)
ESMPRO/DeliveryManager Standard Edition Ver8.3(Linux版)

対象製品

品名: DeliveryManager Standard Edition Ver8.2、Ver8.3
対象OS: HP-UX 11i v2
HP-UX 11i v3
RHEL 5
RHEL 6
RHEL 7
RHEL 8
型番: UL4013-601

関連情報

  • コンテンツID: 3150111112
  • 公開日: 2016年05月26日
  • 最終更新日:2020年06月29日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。