ページの先頭です。
ここから本文です。

技術情報

【ESMPRO/ServerAgentService】iLO対象装置向け最新ESMPRO/ServerAgentServiceについて

iLO対象装置向けESMPRO/ServerAgentServiceは、Starter Pack(※)にて公開されます。

iLO対象装置にインストールされているESMPRO/ServerAgentServiceバージョンが、
「■アップデート公開履歴」に記載しているバージョンより古い場合は、
最新のStarter Packからファームウェア、ドライバ類をアップデートした後に、
ESMPRO/ServerAgentServiceもアップデートしてください。
 ※ESMPRO/ServerAgentServiceをアップデートされない場合、
  ファームウェアアップデートにともない追加された
  ハードウェア障害の記録と通報をおこなうことができません。

最新のStarter Packの検索・入手について

 ご使用のサーバモデルに対応した最新のStarter Packは、以下のサイトから
 検索・入手できます。
  NEC コーポレートサイト
   [サポート・ダウンロード] - [ドライバ・ソフトウェア]

 <補足>
 iLO対象装置は、以下の通りです。
  Express5800/R120h-1M, R120h-2M, R120h-1E, R120h-2E, T120h, R110j-1

ESMPRO/ServerAgentServiceのバージョン確認方法

 【Windows版のバージョン確認方法】
  スタートメニュー、またはスタート画面のすべてのアプリより
  [ESMPRO ServerAgentService] - [バージョン情報]を確認してください。

 【Linux版のバージョン確認方法】
  1)rootユーザーでログインします。
  2)下記コマンドを実行します。
    # rpm -qa | grep Esmpro-Provider

   出力結果のパッケージ名の後ろの数字がバージョンとなります。
   以下の出力例の場合、バージョン2.0.7-0がインストールされています。
    Esmpro-Provider-2.0.7-0

注意事項

 ・システムユーティリティより、Admin Passwordを設定(※1)した場合や、
  iLO Webインタフェースから [ホスト認証が必要]設定を有効(※2)に設定した場合、
  ESMPRO/ServerAgentServiceはiLOのIMLを監視できません。
  そのため、ハードウェア障害を検知できず、イベントログ(syslog)への出力や、
  エクスプレス通報ができません。
   (※1) 「System Configuration > BIOS/Platform Configuration (RBSU) > Server Security」より、
      Set Admin Passwordオプションにてパスワードを設定
   (※2) iLOファームウェアバージョン:1.40以降を適用した環境の場合が対象となります。
      「セキュリティ > アクセス設定 > iLO」 にある [ホスト認証が必要]を『有効』に設定する。

  詳細につきましては、ご使用になるサーバモデルのマニュアルに含まれる、
  [ご使用時の注意事項]をご参照ください。

  各サーバモデルのマニュアルは、以下から検索することができます。
   NEC コーポレートサイト
    [サポート・ダウンロード] - [カタログ・マニュアル]
    - [PCサーバ (Express5800シリーズ)] - [型番・モデル名から探す]

アップデート公開履歴

公開日 内容 対象機種 バージョン
2019/04/02 Starter Pack Version S8.10-006.01 で、iLO5(v1.40) 環境向けのESMPRO/ServerAgentServiceを公開しました
Express5800/R120h-1M, R120h-2M, R120h-1E, R120h-2E, T120h, R110j-1 【Windows】Ver.2.12
【Linux】Ver.2.1.0-0
2019/02/18 Starter Pack Version S8.10-004.03 / Starter Pack Version S8.10-005.02 で、最新のESMPRO/ServerAgentService(Windows)を公開しました
 ※本バージョンでは下記改善も実施していますので、
  アップデートをご検討ください。
  ・ESMSystemManagementService(esmsmsrv.exe)で稀に
   Python27.dllのエラーが発生する場合があるため処理を改善。
Express5800/R120h-1M, R120h-2M, R120h-1E, R120h-2E, T120h, R110j-1 【Windows】Ver.2.1
2018/09/11 Starter Pack Version S8.10-004.01 で、iLO5(v1.35) 環境向けのESMPRO/ServerAgentServiceを公開しました
 ※本バージョンでは下記改善も実施していますので、
  アップデートをご検討ください。
  ・IML監視サービスがアクセス不可のメモリ領域へ
   アクセスする場合があり、処理を改善。
  ・IMLにiLOログイン/ログアウトが大量に
   登録されないよう処理を改善。
Express5800/R120h-1M, R120h-2M, R120h-1E, R120h-2E, T120h 【Windows】Ver.2.07
【Linux】Ver.2.0.8-0
2018/03/09 Starter Pack Version S8.10-003.01 で、iLO5(v1.20) 環境向けのESMPRO/ServerAgentServiceを公開しました Express5800/R120h-1M, R120h-2M, R120h-1E, R120h-2E, T120h 【Windows】Ver.2.06
【Linux】Ver.2.0.7-0


更新履歴

2019/04/05 更新公開
      注意事項に、iLOの認証を設定した場合の注意について、
      情報を記載しました。
      アップデート公開履歴に、iLO5(v1.40) 環境向けの
      StarterPack S8.10-006.01と、ESMPRO/ServerAgentServiceの
      情報を追記しました。

2019/02/22 更新公開
      アップデート公開履歴に、
      StarterPack S8.10-004.03 / StarterPack S8.10-005.02と、ESMPRO/ServerAgentServiceの
      情報を追記しました。

2018/09/11 更新公開
      アップデート公開履歴に、iLO5(v1.35) 環境向けの
      StarterPack S8.10-004.01と、ESMPRO/ServerAgentServiceの
      情報を追記しました。

2018/03/09 新規公開

製品名カテゴリ

ESMPRO/ServerAgentService

対象製品

品名: ESMPRO/ServerAgentService
対象OS: Linux
Windows
  • コンテンツID: 3140106271
  • 公開日: 2018年10月12日
  • 最終更新日:2019年04月05日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。
ページ共通メニューここまで。