ページの先頭です。
ここから本文です。

お知らせ

[WebOTX] リクエストのパスパラメータが上書きされる問題と対策について


概要

ユーザアプリケーションの実装で、WebSocketのjavax.websocket.server.ServerEndpointConfigアノテーション、及び、javax.websocket.server.PathParamアノテーションを用いてパスパラメータを取得している場合、同時に受け付けたリクエスト間で先に処理したリクエストのパスパラメータの値が後から処理したリクエストのパスパラメータの値に上書きされます。


影響のある製品

  • WebOTX Application Server Express V9.3
  • WebOTX Application Server Standard V9.3
  • WebOTX Application Server Enterprise V9.3
  • WebOTX Developer V9.3


詳細

ユーザアプリケーションの実装で以下のようにjavax.websocket.server.PathParamアノテーション
を用いてパスパラメータを取得している場合に、以下の1)、2)のようなリクエストを同時に受信すると、
1)で先にリクエストしているにも関わらず後から処理した2)のhohoが返却されます。

例)

@OnOpen
public void onOpen(@PathParam("param") String param) {
System.out.println("WebSocketDemo onOpen["+param+"]");
}

  1) WebSocket("ws://host/testWebSocket/wsdemo/demo");
  2) WebSocket("ws://host/testWebSocket/wsdemo/hoho");

  • (※)javax.websocket.server.ServerEndpointConfigアノテーションを利用した場合も同様


対処方法

上記以外の製品に対するパッチの公開時期は現在検討中です。
急ぎでパッチが必要な場合はご連絡ください。

(注意) パッチモジュールは製品保守契約を結んでいただいたお客様に限定して提供させていただいています。
まだ契約がお済みでないお客様は、保守契約締結の後、ダウンロードをお願いいたします。


回避方法

ありません。


備考

なし


更新履歴

2019/10/04 初版


本サイトについてのご注意

特になし。

製品名カテゴリ

WebOTX Application Server

対象製品

品名: WebOTX Application Server Express/Standard/Enterprise V9.3
品名: WebOTX Developer V9.3
  • コンテンツID: 3010102882
  • 公開日: 2019年10月10日
  • 最終更新日:2019年10月10日
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。