ページの先頭です。
ここから本文です。

お知らせ

[WebOTX] WebOTX Download Contents の  Internet Explorer 11 サポート終了への対応について

概要

Windows 10 (LTSB/LTSC以外)におけるInternet Explorer 11(以下、IE11) の2022年6月15日サポート終了に関するWebOTX Download Contentsの対応について報告します。

対応方針

WebOTX Download Contents ではクライアントにおけるダウンローダ情報ファイルのダウンロードとクライアントダウンローダの起動にWebブラウザを使用しており、以下の製品でIE11をサポートしています。

  • WebOTX Download Contents V9.3~V9.6

今後、上記製品においてChromium 版「Microsoft Edge」を利用した評価を実施して、追加サポートする予定です。IE11のサポート終了後は、Chromium版「Microsoft Edge」をご利用ください。


制限事項

追加サポート時に、Chromium 版「Microsoft Edge」とともにWebOTX Download Contentsを利用する場合の制限事項をお知らせします。
現時点では以下が判明しており、追加サポート時の制限事項となる予定です。制限事項は今後追加の可能性があります。

1. ダウンローダ管理ツールの設定[Webブラウザ最小化]が効かない

ダウンローダ管理ツールの[設定]-[ダウンローダ設定]で[Webブラウザ最小化]チェックボックスにチェックを入れても、クライアントダウンローダ起動時にWebブラウザ(Chromium版「Microsoft Edge」)が最小化されません。
※ 当該設定については下記マニュアルをご確認ください。
[Download Contents]-[運用ガイド]-[3. ダウンローダ管理ツールによる運用]-[3.3. メニューについて]-[3.3.3. [設定]メニュー]

  • 2. ダウンローダインストーラの設定[Trust]が効かない


    ダウンローダインストーラの定義ファイル(olfdload.INI)の[MIMESetting]セクションで[Trust]に1を設定してインストールしても、Webブラウザ(Chromium版「Microsoft Edge」)でダウンローダ情報ファイル(wtdファイル)を選択したときに、そのファイルを[開く]か[保存する]かの確認ダイアログが表示されます。
    Chromium 版 「Microsoft Edge」の[設定]-[ダウンロード]-[ダウンロード時の動作を毎回確認する]をOFFにして、確認ダイアログの左クリックメニューで「常にこの種類のファイルを開く」を選択すると、以降は直接開かれるようになります。
    ※ 当該設定については下記マニュアルをご確認ください。
    [Download Contents]-[運用ガイド]-[5. クライアント環境の運用]-[5.3. ダウンローダインストーラの定義ファイル]

  • 本件に関するお問い合わせ先

    • WebOTX製品お問い合わせ窓口
      info-webotx@isd.jp.nec.com

    製品名カテゴリ

    WebOTX
    WebOTX Application Server

    関連情報

    • コンテンツID: 3010103535
    • 公開日: 2021年07月08日
    • 最終更新日:2021年07月14日
    ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。