ページの先頭です。
ここから本文です。

修正情報・ダウンロード

エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)/エクスプレス通報サービス(MG)

概要

本モジュールは、「エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)/エクスプレス通報サービス(MG)」の最新バージョンです。

○エクスプレス通報サービス Ver3B3J(+アラートマネージャ5.08)
○エクスプレス通報サービス(HTTPS) Ver4.1
○エクスプレス通報サービス(MG) Ver3.5

○エクスプレス通報サービス(Updateモジュール)
 エクスプレス通報サービス(Updateモジュール)は、
 エクスプレス通報サービス(マネージャ経由)において、
 S/MIMEを使用するために必要なモジュールをアップデートします。
 マネージャ側に適用してください。

〇ゼロ発信コマンドツール Ver1.0.0.0
 ゼロ発信コマンドツールは、以下の通報手段のダイヤルアップ経由で使用する通報先電話番号の
 先頭に ”0,” を付加するツールです。
 お客様の電話がゼロ発信(0発信)の場合に使用してください。

  ・エクスプレス通報サービス
  ・エクスプレス通報サービス(マネージャ経由)
  ・エクスプレス通報サービス(MG)

※本コンテンツに掲載中のモジュールは全て、
Windows Server 2019に対応しております。

※注意事項
エクスプレス通報サービス、エクスプレス通報サービス(HTTPS)、および、
エクスプレス通報サービス(MG) はそれぞれ別の製品です。
ダウンロードするときはご注意ください。

製品名カテゴリ

ESMPRO/ServerAgent
ESMPRO/ServerManager
WebSAM AlertManager
VMware ESXi
ESMPRO/ServerAgentService

対象製品

品名 エクスプレス通報サービス
リビジョン Ver3B3J(+アラートマネージャ5.08)
対象OS Windows Vista
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Server 2003 R2
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows 7
Windows 8 Pro 32bit
Windows 8 Pro 64bit
Windows 8.1 Pro 32bit
Windows 8.1 Pro 64bit
Windows 10 Pro 64bit
別欄にて記載
型番
修正情報

【説明】 
エクスプレス通報サービス

【ファイル名】 
EXP.zip
(形式:zip サイズ:5,961,172Bytes)


【説明】 
エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS) インストレーションガイド

【ファイル名】 
SG_TUHO.zip
(形式:zip サイズ:2,212,314Bytes)


【説明】 
使用許諾書

【ファイル名】 
EXP.txt
(形式:txt サイズ:6,667Bytes)


【説明】 
バージョンごとの機能変更点一覧

【ファイル名】 
Win_EXP_HTTPS_MG_version.txt
(形式:txt サイズ:11,845Bytes)



品名 エクスプレス通報サービス(HTTPS)
リビジョン Ver4.1
対象OS Windows Vista
Windows Server 2003 R2
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows 7
Windows 8 Pro 32bit
Windows 8 Pro 64bit
Windows 8.1 Pro 32bit
Windows 8.1 Pro 64bit
Windows 10 Pro 64bit
別欄にて記載
型番
修正情報

【説明】 
エクスプレス通報サービス(HTTPS)

【ファイル名】 
EXP_HTTPS.zip
(形式:zip サイズ:8,315,357Bytes)


【説明】 
エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS) インストレーションガイド

【ファイル名】 
SG_TUHO.zip
(形式:zip サイズ:2,212,314Bytes)


【説明】 
エクスプレス通報サービス(HTTPS)アドオンツール

【ファイル名】 
FILDG_Setup.zip
(形式:zip サイズ:15,234,468 Bytes)


【説明】 
使用許諾書

【ファイル名】 
EXP_HTTPS.txt
(形式:txt サイズ:6,730 Bytes)


【説明】 
バージョンごとの機能変更点一覧

【ファイル名】 
Win_EXP_HTTPS_MG_version.txt
(形式:txt サイズ:11,845Bytes)



品名 エクスプレス通報サービス(MG)
リビジョン Ver3.5
対象OS Windows Vista
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Server 2003 R2
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows 7
Windows 8 Pro 32bit
Windows 8 Pro 64bit
Windows 8.1 Pro 32bit
Windows 8.1 Pro 64bit
Windows 10 Pro 64bit
別欄にて記載
型番
修正情報

【説明】 
エクスプレス通報サービス(MG)

【ファイル名】 
EXP_MG.zip
(形式:zip サイズ:8,003,382Bytes)


【説明】 
エクスプレス通報サービス(MG) インストレーションガイド

【ファイル名】 
SG_TS_MG.zip
(形式:zip サイズ:1,072,108Bytes)


【説明】 
使用許諾書

【ファイル名】 
EXP_MG.txt
(形式:txt サイズ:6,598Bytes)


【説明】 
バージョンごとの機能変更点一覧

【ファイル名】 
Win_EXP_HTTPS_MG_version.txt
(形式:txt サイズ:11,845Bytes)



品名 エクスプレス通報サービス(Updateモジュール)
リビジョン
対象OS Windows Vista
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows 7
Windows 8 Pro 32bit
Windows 8 Pro 64bit
Windows 8.1 Pro 32bit
Windows 8.1 Pro 64bit
Windows 10 Pro 64bit
別欄にて記載
型番
修正情報

【説明】 
エクスプレス通報サービス(マネージャ経由)アップデートパッケージ

【ファイル名】 
FWManagerUpdate.zip
(形式:zip サイズ:184,719Bytes)


【説明】 
使用許諾書

【ファイル名】 
FWManagerUpdate.txt
(形式:txt サイズ:6,770Bytes)



品名 ゼロ発信コマンドツール
リビジョン 1.0.0.0
対象OS Windows Vista
Windows Server 2003
Windows Server 2003 R2
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows 7
Windows 8 Pro 32bit
Windows 8 Pro 64bit
Windows 8.1 Pro 32bit
Windows 8.1 Pro 64bit
Windows 10 Pro
別欄にて記載
型番
修正情報

【説明】 
ゼロ発信コマンドツール

【ファイル名】 
expdial.zip
(形式:zip サイズ:98,837Bytes)


【説明】 
エクスプレス通報サービスゼロ発信コマンドツールユーザーズガイド

【ファイル名】 
UG_ExpDial.zip
(形式:zip サイズ:168,405Bytes)


【説明】 
使用許諾書

【ファイル名】 
ExpDial.txt
(形式:txt サイズ:6,526Bytes)



種別

リビジョンアップ

障害区分

その他

障害内容/強化内容

〇エクスプレス通報サービス
 - 開局キーコード方式で開局するとエクスプレス通報サービス設定ユーティリティ画面で
  装置コードが正しく表示されない場合がある不具合を修正。

〇エクスプレス通報サービス(HTTPS)
 - 最もセキュリティの高いプロトコルバージョンを自動的に使用するように対応。

〇エクスプレス通報サービス(MG)
 - HTTPS経由において、最もセキュリティの高いプロトコルバージョンを自動的に使用するように対応。
 - 以下の条件を全て満たす時、AlertManagerMainService が起動できない場合がある不具合を修正。
      1)ESMPRO/ServerManager Ver6.14以降とエクスプレス通報サービス(MG) Ver3.2以降が共存
      2)ESMPRO/ServerManagerのサービスが停止
 - 対象サーバーとの接続確認に失敗する場合がある不具合を修正。

障害原因/強化理由

「障害内容/強化内容」を参照してください。

対処が必要となる製品がインストールされているかを確認する方法

○エクスプレス通報サービス
  - 「エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)インストレーションガイド」
     のインストール状態の確認の項目を参照してください。

○エクスプレス通報サービス(HTTPS)
  - 「エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)インストレーションガイド」
     のインストール状態の確認の項目を参照してください。

 - エクスプレス通報サービス(HTTPS)のバージョン確認方法
    「コントロールパネル」→「プログラムと機能」画面で、
    「エクスプレス通報サービス(HTTPS)」を選択して、
    バージョン情報を確認してください。

○エクスプレス通報サービス(MG)
  - エクスプレス通報サービス(MG)のバージョン確認方法
    「コントロールパネル」→「プログラムと機能」画面で、
    「エクスプレス通報サービス(MG)」を選択して、
    バージョン情報を確認してください。

対処が正しく適用されていることを確認する方法

○エクスプレス通報サービス
  - 「エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)インストレーションガイド」
     のインストール状態の確認の項目を参照してください。

○エクスプレス通報サービス(HTTPS)
  - 「エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)インストレーションガイド」
     のインストール状態の確認の項目を参照してください。

 - エクスプレス通報サービス(HTTPS)のバージョン確認方法
    「コントロールパネル」→「プログラムと機能」画面で、
    「エクスプレス通報サービス(HTTPS)」を選択して、
    バージョン情報を確認してください。

○エクスプレス通報サービス(MG)
  - エクスプレス通報サービス(MG)のバージョン確認方法
    「コントロールパネル」→「プログラムと機能」画面で、
    「エクスプレス通報サービス(MG)」を選択して、
    バージョン情報を確認してください。

○ゼロ発信コマンドツール
  - 「エクスプレス通報サービスゼロ発信コマンドツールユーザーズガイド」を参照してください。 

対象機器

○エクスプレス通報サービス
  - ハードウェア/ソフトウェア環境は、
  「エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)インストレーションガイド」を
  参照してください。

○エクスプレス通報サービス(HTTPS)
  - ハードウェア/ソフトウェア環境は、
  「エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)インストレーションガイド」を
  参照してください。

○エクスプレス通報サービス(MG)
  - ハードウェア/ソフトウェア環境は、
  「エクスプレス通報サービス(MG)インストレーションガイド」を参照してください。

  - iLO搭載装置でエクスプレス通報サービス(MG)をご利用になる場合は、
  ESMPRO/ServerManager Ver.6.23以降が必要です。
  本装置で使用する受信情報ファイルは、関連情報の下記のコンテンツから
  ダウンロードしてください。

  ・「VMware ESXi搭載装置向け エクスプレス通報サービス(MG)関連モジュール」
   受信情報設定ファイル 

○ゼロ発信コマンドツール
  - 「エクスプレス通報サービスゼロ発信コマンドツールユーザーズガイド」を参照してください。 

適用方法

○エクスプレス通報サービス
  - 「エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)インストレーションガイド」
      を参照してください。

○エクスプレス通報サービス(HTTPS)
  - 「エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)インストレーションガイド」
      を参照してください。

○エクスプレス通報サービス(MG)
  - 「エクスプレス通報サービス(MG)インストレーションガイド」を参照してください。

○ゼロ発信コマンドツール
  - 「エクスプレス通報サービスゼロ発信コマンドツールユーザーズガイド」を参照してください。

補足

○エクスプレス通報サービス(MG)のHTTPS経由は、
  Windows Vista、Windows Server 2003 R2以降の対応OSのみサポートしています。
  Windows Vista、Windows Server 2003 R2より古いOS(例:Windows XP)の場合は、
  未サポートです。

○エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)、
  エクスプレス通報サービス(MG)、ESMPRO/ServerAgent、および
  ESMPRO/ServerManagerでは、共通モジュールを使用しています。
  エクスプレス通報サービス(MG)が共存している場合、
  エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)の
  インストール(バージョンアップ)またはESMPRO/ServerAgentや
  ESMPRO/ServerManagerのリビジョンアップを行うとモジュールの
  不整合が発生する可能性があります(逆も同様です)。
  そのため、エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)、
  およびエクスプレス通報サービス(MG)を常に最新の状態に保つことを推奨します。

○エクスプレス通報サービス/エクスプレス通報サービス(HTTPS)/
  エクスプレス通報サービス(MG)のモジュールは、EXPRESS5800シリーズ向けと
  NX7700xシリーズ向けで共通です。

○マネージャ経由のエクスプレス通報サービス/エクスプレス通報
  サービス(HTTPS)およびエクスプレス通報サービス(MG)の場合、
  上記から最新の通報モジュールをダウンロードし、インストール
  してください。
  (ご使用状況に応じて、通報サービス Ver3B3J/
    通報サービス(HTTPS)/通報サービス(MG)  のモジュール
    を選択し、マネージャ側に適用してください。)

○エクスプレス通報サービス(MG)の対象サーバーとの接続確認において、
 管理対象がBMC搭載コンポーネントの場合は、BMC のSNMP 通報の設定が必要です。
 ESMPRO/ServerManager の設定ウィンドウから1次通報先IP アドレス
 (管理PCのIPアドレス)を設定してください。
 詳細は、「ESMPRO/ServerManager セットアップガイド」を参照してください。

○エクスプレス通報サービス(MG)の対象サーバーとの接続確認には、
 ESMPRO/ServerManager Ver.6.14 以降が必要です。
 ただし、対象サーバーが以下の場合はESMPRO/ServerManager Ver6.16以降を
 ご使用ください。

  ・EM(Enclosure. Manager)カード
  ・Express5800/HR120a-1
  ・Express5800/E120a

関連情報

  • エクスプレス通報サービス ご利用の手引き
  • エクスプレス通報サービス関連のご質問は「エクスプレス通報サービス ご利用の手引き」に記載のとおり、 以下のエクスプレス受付センターにお問い合わせをお願いします。                    ■エクスプレス受付センター                                    TEL:0120-22-3042(受付時間 平日 AM9:00-PM5:00)                      E-mail: uketuke@www3.express.nec.co.jp
  • コンテンツID: 9010102124
  • 公開日: 2012年12月28日
  • 最終更新日:2019年05月10日
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。