ページの先頭です。
ここから本文です。

修正情報・ダウンロード

LTO集合型[N8160-100]ファームウェアモジュール(00084001_Q385)

概要

【ソフト名】 LTO集合型 
【登 録 名】 N8160-100_00084001_Q385.zip
【対応機種】 N8160-100
【対象ユーザ】下記[アップデート対象ユーザ]参照
【ソフト種別】ファームウェア(Autoloader / Drive)
【作成方法】 zip解凍形式

【ソフトの紹介】
 この「LTO集合型 ファームウェアモジュール(以下「本ファームウェア」 といいます。)
 」は、以下の機能強化に対応したファームウェアです。

製品名カテゴリ

外付バックアップ装置

品名: LTO集合型
型番: N8160-100

対象製品

品名 LTO集合型
リビジョン
対象OS RHEL 7
RHEL 8
RHEL 9
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Windows Server 2022
型番 N8160-100
修正情報

【ファイル名】 
N8160-100_00084001_Q385
(形式:zip サイズ:7,918,339)



種別

修正情報

障害区分

その他

障害内容/強化内容

(Autoloaderファームウェア)
・WEB通信プロトコルセキュリティ強化

(Driveファームウェア)
・LTFS利用時の改善
・ドライブ無応答の改善
・エラーリトライの強化


<注意>
  *アップデート操作を誤ると本体装置が起動しなくなる等の障害が発生することがあり
   ます。
   本説明文を最後までよく読み誤操作のないようアップデートを行ってください。
   また、データ書き換え中に予期せぬアクシデント(停電、雷、遮断、ノイズ等)によ
   り本体装置が誤動作したり電源が切断されたりしますと、最悪の場合、機器が損傷し
   正常動作しなくなります。
   このような場合お客様のご負担で修理を必要とすることがありますので十分ご注意く
   ださい。

対象機器

【アップデート対象ユーザ】

  下記機種で,対象となるファームウェアバージョンをお使いのお客様。

  ・対象となる機種

     1. N8160-100
          
  ・対象となる各バージョン
    下記バージョンをお使いのお客様は本ファームウェアの適用が可能です。

    <ファームウェア>
            Autoloader Firmware Revision    :  0008.4001より前のversion
                Drive Firmware Revision     :  Q385より前のversion

   --- バージョン確認方法 ---

   以下のいずれかの方法で、対象となる本体装置のバージョンを必ず確認してください。

   <装置機能のリモート管理インタフェースでの確認方法>
   ※装置と任意の端末をEthernet接続します。
    http://(装置に設定されているIPアドレス)[初期値は192.168.1.1]に接続し、
    リモート管理インタフェースを起動します。
    保守モードでログインします。
    [Monitor Loader]の[System Summary]のLoader firmware versionとからDrive 
    firmware versionファームウェアのRevが確認できます。
    (Loader firmware versionはadmin権限ではmajor verしか確認できません。)

適用方法

ファームウェアアップデート手順

  以下の手順で、本ファームウェアの解凍とインストールを行って下さい。

【解凍手順】
 (1) ダウンロードしたファイル"N8160-100_00084001_Q385.zip"をハードディス
  クの適当な場所に格納し、任意のフォルダにzip解凍します。

 (2) 解凍すると以下3つのファイルが出力されます。
  ・ReadMe.txt
   →本内容が記載されています。
  ・NEC_LL009F_0008-4001.fmg
  ・LTO7_Q385.sas_hh.ro
   →LTO集合型のファームウェアモジュールです。

【ファームウェアアップデート手順】(autoloader)
  (1) http://(装置に設定されているIPアドレス)[初期値は192.168.1.1]に接続し、
    リモート管理インタフェースを起動します。
  (2) 保守モードでログインします。
 (3) [Service Loader]の[Firmware Update]を選択します。
 (4) Loader Firmware UpdateのFirmware fileの箇所で参照ボタンをクリックして、
   上記、解凍したNEC_LL009F_0008-4001.fmgを選択します。
 (5) Updateボタンをクリックするとファームウェアアップデートが開始されます。
 (6) 約5分ほどでアップデートが成功したメッセージが表示されますので[OK]を
   クリックします。
 (7) LTO集合型装置が自動再起動されます。
 (8) 再起動後、LoaderがReadyと表示されるのを確認します。
 (9) ファームウェアアップデートは完了です。

【ファームウェアアップデート手順】(drive)
  (1) http://(装置に設定されているIPアドレス)[初期値は192.168.1.1]に接続し、
    リモート管理インタフェースを起動します。
  (2) 保守モードでログインします。
 (3) [Service Loader]の[Firmware Update]を選択します。
 (4) Drive Firmware UpdateのDrive Firmware file(*.ro)の箇所で参照ボタンを
   クリックして、上記、解凍したLTO7_Q385.sas_hh.roを選択します。
 (5) Updateボタンをクリックするとファームウェアアップデートが開始されます。
 (6) 約50分ほどでアップデートが成功したメッセージが表示されますので[OK]を
   クリックします。
 (7) ファームウェアアップデートは完了です。

補足

【改版履歴】(autoloaderファームウェア)
Rev:0008.4001
・WEB通信プロトコルセキュリティ強化
Rev:0007.4005
・Auto Unload機能追加
Rev:0007.4004
・Load処理変更。
Rev:0007.4003
・SSL通信のプロトコル選択機能追加。
 SSL通信時、TLS1.0/TLS1.2の選択機能を追加。
Rev:0006.4004
・Remote Managerのログインセキュリティ強化。
・SNMP/SMTPの通報レベル表示変更。

【改版履歴】(drive ファームウェア)
Rev:Q385
・LTFS利用時の改善
・ドライブ無応答の改善
・エラーリトライの強化
Rev:P381
・診断テスト中のエラー情報がカートリッジに残る問題事象の対策
・その他、軽微な修正。
Rev:M571
・ドライブがヘッドを位置付けるときに、テープメディアの平行度チェックを行っているが、
  この偏りがスペックオーバーして、ドライブエラー(SCD=3)となることがある事象の改善。
  (テンションコントロールの改善)。
Rev:JAYH
・データ書き込み中、ドライブ内部で予期しない割り込み処理を検出し、その後の処理が
 行えなくなってしまう事象の改善。
・上位ホストから発行されたMode Senseコマンドの応答に時間がかかり、Mode Sense
 コマンドがタイムアウトしてしまうことがある事象の改善。
・ドライブ内部のハードウェア変更に伴うハードウェア制御部の一部変更。
Rev:H5B5
・SASインタフェースの通信リトライ強化。
・テープカートリッジへのデータ書き込み/読み込み時のリトライ強化。
・データ書き込み中、書き込みデータ量異常を検出して、ドライブエラーとなることが
 ある事象の改善。

ご使用の条件

なお、ご使用にあたり、以下のご使用条件を充分にお読み下さい。
本使用条件にご同意いただけない場合には、本ファームウェアをダウンロードなさらない
で下さい。本ファームウェアをダウンロードされた場合には、本使用条件にご同意いただ
いたものとします。


【ファームウェアのご使用条件】
日本電気株式会社(以下「弊社」といいます。)は、本使用条件とともにご提供するファ
ームウェア・プログラム(以下「許諾プログラム」といいます。)を日本国内で使用する
権利を、下記条項に基づきお客様に許諾し、お客様も下記条項にご同意いただくものと
します。お客様が期待される効果を得るための許諾プログラムの選択、許諾プログラム
の導入、使用および使用効果につきましては、お客様の責任とさせていただきます。

1.期間
(1) 本使用条件は、お客様が本ファームウェアをお受け取りになった日に発効します。
(2) お客様は1ヶ月以上前に、弊社宛て書面により通知することにより、いつにでも本
 使用条件により許諾される許諾プログラムの使用権を終了させることができます。
(3) 弊社は、お客様が本使用条件のいずれかの条項に違反されたときは、いつにでも許
 諾プログラムの使用権を終了させることができるものとします。
(4) 許諾プログラムの使用権は、本使用条件の規定に基づき終了するまで有効に存続し
 ます。
(5) 許諾プログラムの使用権が終了した場合には、本使用条件に基づくお客様のその他
 の権利も同時に終了するものとします。 お客様は許諾プログラムの使用権の終了後
 直ちに、許諾プログラムおよびそのすべての複製物、ならびに許諾プログラムととも
 に提供されたマニュアル等の関連資料を破棄するものとします。

2.使用権
(1) お客様は、許諾プログラムをお客様がお持ちのLTO集合型においてのみ使用するこ
 とができます。

(2) お客様は前項に定める条件に従い日本国内においてのみ、許諾プログラムを使用す
 ることができます。

3.許諾プログラムの複製、改変および結合
(1) お客様は滅失、毀損等に備える目的でのみ許諾プログラムを1部複製することがで
 きます。ただし、許諾プログラムを固定メモリに組み込んだときにはこの限りではあ
 りません。この場合、お客様は許諾プログラムの記憶媒体を滅失、毀損に備える目的
 でのみ保管することができます。
(2) お客様は許諾プログラムのすべての複製物に、許諾プログラムに付されている著作
 権表示およびその他の権利表示を付すものとします。
(3) お客様は本使用条件で明示されている場合を除き、許諾プログラムの使用、複製、
 改変、結合、書籍雑誌やネットワークへの転載またはその他の処分を行うことはでき
 ません。
(4) お客様はいかなる場合であっても許諾プログラムとともに提供されたマニュアル等
 の関連資料を複製、書籍雑誌やネットワークへ転載することはできません。
(5) 本使用条件は、許諾プログラムに関する無体財産権をお客様に移転するものではあ
 りません。

4.許諾プログラムの移転等
(1) お客様は下記の全ての条件を満たした場合に限り、本使用条件に基づくお客様の権
 利を譲渡することができます。
 (イ)お客様が本使用条件、許諾プログラムおよびそのすべての複製物、ならびに許諾
  プログラムとともに提供されたマニュアル等の関連資料を譲渡し、これらを一切保
  持しないこと。
 (ロ)譲受人が本使用条件に同意していること。
(2) お客様は本使用条件で明示されている場合を除き、許諾プログラムまたはその使用
 権の第三者に対する再使用許諾、譲渡、移転またはその他の処分をすることはできま
 せん。

5.逆コンパイル等
  お客様は許諾プログラムをリバース・エンジニア、逆コンパイルまたは逆アセンブル
 することはできません。

6.保証の期限
(1) 弊社は、許諾プログラムに関していかなる保証も行いません。許諾プログラムに関
 し発生する問題はお客様の責任および費用負担をもって処理されるものとします。
(2) 前項の規定にかかわらず、弊社が許諾プログラムの誤り(バグ)を修正したときは、
 弊社は、自己の裁量により、かかる誤りを修正したプログラムもしくは修正のための
 プログラム(以下、これらのプログラムを「修正プログラム」といいます。)または、
 かかる修正に関する情報を弊社が定める方法により提供することがあります。お客様
 に提供された修正プログラムは許諾プログラムとみなします。

7.責任の制限
  弊社は、いかなる場合も、お客様の逸失利益、特別な事情から生じた損害(損害発生
 につき弊社が予見し、または予見し得た場合を含みます。)および第三者からお客様
 に対してなされた損害賠償請求に基づく損害について一切責任をおいません。

8.その他
(1) お客様は、いかなる方法によっても許諾プログラムおよびその複製物、ならびに許
 諾プログラムとともに提供されたマニュアル等の関連資料を日本国から輸出してはな
 りません。
(2) 本使用条件にかかわる紛争は、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所として解決
 するものとします。
(3) ドライブファームウェアはGNU General Public License(GPL)、GNU Lesser General
 Public License(LGPL)に基づきライセンスされるソフトウェアです。

商標・著作権

【商標および著作権】
*LTOは米国Hewlett-Packard Enterprise社、米国International Business Machines 
 Corporation 社、米国Quantum Corporation(旧社名:Certance)社の商標です。
*Microsoft、Windows、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国及びその
 他の国における登録商標です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

  • コンテンツID: 9010111308
  • 公開日: 2024年06月28日
  • 最終更新日:2024年06月28日
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。