ページの先頭です。
ここから本文です。

お知らせ

Scalable Networking Pack (SNP) の使用上の注意事項について

更新日:2017年9月28日

Windows Server 2003 Service Pack 1 以降、ネットワークアダプタのネットワーク高速化機能やハードウェアベースのオフロードテクノロジを使用し、ネットワークのスループットを向上させるための機能としてMicrosoft社よりScalable Networking Pack (以降、SNP) が提供されております。この機能は、Windows サーバ OS とネットワークドライバ、およびネットワークアダプタが連携して実現されているものです。

SNPの使用にあたって

SNP については、ネットワークアダプタでもSNP を使用するための設定、チューニングを行った上でネットワーク接続機器を含めたシステム全体での検証が必要です。お客様環境・運用を想定した十分な事前評価を実施いただき、問題ないことを確認の上ご使用ください。なお、ネットワークアダプタ上でSNP の使用にあたり必要となる設定、およびチューニングの内容については、ご使用のネットワークアダプタの製品担当部門へご確認ください。

ネットワークアダプタの問題

一部のネットワークアダプタ(オンボード/オプション)にて、SNPの機能の1つであるRSSに関連した問題が内在していることが判明しました。 本ハードウェアの問題を回避するために、ネットワークドライバにて回避する方法をお願いいたします。

手順は「ドライバのアップデートと設定変更について」をご参照ください。

対象OS

  • Windows Server 2003 (*1)
  • Windows Server 2003 R2 (*1)
  • Windows Storage Server 2003 (*1)
  • Windows Storage Server 2003 R2 (*1)
  • Windows Server 2008
  • Windows Vista
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 7
  • Windows Server 2012
  • Windows 8
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows 8.1
  • Windows Server 2016
  • Windows 10
(*1)Windows Server 2003 ファミリの SNP 対象 Service Pack について
Windows Server 2003 ファミリは Service Pack 1 以降が SNP 対象となります。
Service Pack 1 では、KB912222 を適用することで SNP が有効となります。
Service Pack 2 以降にはKB912222 が含まれております。

SNP のデフォルト設定

SNP には次の3つの機能が含まれています。

  • TCP Chimney Offload
    TCP オフロードエンジン(TOE)を実装したネットワークアダプタにパケットの分割と再構築を含むネットワークパケット処理タスクをオフロードする機能。
  • RSS
    ネットワークアダプタの拡張機能を利用し、受信ネットワークトラフィックの処理を複数の CPU に分散する機能。
  • NetDMA
    Intel I/OAT などの高度な直接メモリアクセステクノロジのサポートを可能とし、メモリ間のデータ転送による CPU への処理を軽減する機能。

各々の機能はデフォルトで以下のように設定されています。

以下は OS のデフォルト設定となります。EXPRESSBUILDER 等で OS 設定が変更されている場合があります。
また、SNP の各機能を有効にする場合は、OS 設定と合わせてネットワークアダプタでも有効に設定していただく必要があります。

  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2003 R2
  • Windows Storage Server 2003
  • Windows Storage Server 2003 R2
   
TCP Chimney Offload: 有効
RSS: 有効
NetDMA: 有効


  • Windows Server 2008
  • Windows Vista
   
TCP Chimney Offload: 無効
RSS: 有効
NetDMA: 有効


  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 7
   
TCP Chimney Offload: 自動
RSS: 有効
NetDMA: 有効

TCP Chimney Offload の「自動」は、ネットワークアダプタ設定において TCP Chimney Offload が有効且つ 10Gb イーサーネットなど高速なネットワーク環境を利用している場合に有効となります。


  • Windows Server 2012
  • Windows 8
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows 8.1
  • Windows Server 2016
  • Windows 10
   
TCP Chimney Offload: 無効
RSS: 有効
NetDMA: 非サポート

SNP の設定を確認する方法について

SNP は以下の方法で設定を確認することが可能です。対象OSにより方法が異なります。

Windows Server 2003 ファミリ

[対象OS]
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2003 R2
  • Windows Storage Server 2003
  • Windows Storage Server 2003 R2

[手順]
    レジストリエディタを起動し、以下のレジストリ値を確認してください。レジストリが作成されていない場合は、デフォルトの設定となります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters

名前 : EnableTCPChimney
・・・TCP Chimney Offload の設定が確認可能です。
 0:無効
 1:有効

名前 : EnableRSS
・・・RSS の設定が確認可能です。
 0:無効
 1:有効

名前 : EnableTCPA
・・・NetDMA の設定が確認可能です。
 0:無効
 1:有効

Windows Server 2008 ファミリ

[対象OS]
  • Windows Server 2008
  • Windows Vista
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 7

[手順]
  1. レジストリエディタを起動し、以下のレジストリ値を確認してください。レジストリが作成されていない場合は、デフォルトの設定となります。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters

    名前 : EnableTCPA
    ・・・NetDMA の設定が確認可能です。
     0:無効
     1:有効
  2. コマンドプロンプトを起動し、netsh コマンドで以下を実行してください。

    netsh int tcp show global

    表示される以下の内容より設定を確認してください。

    Receive-Side Scaling 状態
    ・・・RSS の設定が確認可能です。
     disabled:無効
     enabled:有効

    Chimney オフロード状態
    ・・・TCP Chimney Offload の設定が確認可能です。
     disabled:無効
     enabled:有効
     automatic:自動

Windows Server 2012/Windows Server 2016 ファミリ

[対象OS]
  • Windows Server 2012
  • Windows 8
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows 8.1
  • Windows Server 2016
  • Windows 10

[手順]
    コマンドプロンプトを起動し、netsh コマンドで以下を実行してください。

netsh int tcp show global

表示される以下の内容より設定を確認してください。

Receive-Side Scaling 状態
・・・RSS の設定が確認可能です。
 disabled:無効
 enabled:有効

Chimney オフロード状態
・・・TCP Chimney Offload の設定が確認可能です。
 disabled:無効
 enabled:有効
 automatic:自動

netshコマンドを実行した際、"NetDMA 状態"という項目が表示されますが、NetDMAは Windows Server 2012/Windows Server 2016 ファミリでサポートされておりませんので、NetDMA 状態の表示は無視してください。

SNP を無効にする手順について

SNP は以下の手順にて無効にすることが可能です。対象OSにより方法が異なります。
SNPを有効化する必要がある場合はこちらを参照ください。

[重要]
    手順には、レジストリの編集方法が含まれているものがありますが、レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを編集する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にバックアップしておく等トラブル対策を実施することをお奨めします。なお、 レジストリの操作についてはお客様責任のもと行って下さい。

Windows Server 2003 ファミリ

レジストリを編集することで SNP を無効にします。

[対象OS]
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2003 R2
  • Windows Storage Server 2003
  • Windows Storage Server 2003 R2

[手順]
  1. レジストリエディタを起動し、以下のレジストリ値を 0 に設定してください。レジストリが作成されていない場合は、キーを作成し、値を 0 に設定してください。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters

    名前 : EnableTCPChimney
    種類 : REG_DWORD
    値 : 0

    名前 : EnableRSS
    種類 : REG_DWORD
    値 : 0

    名前 : EnableTCPA
    種類 : REG_DWORD
    値 : 0
  2. 設定後にOSの再起動を実行してください。

Windows Server 2008 ファミリ

ツール実行による無効化と、レジストリ編集とコマンド実行による無効化の2つの方法があります。

方法1: ツール実行による無効化
SNP 無効化ツールを実行することで SNP を無効にします。

[対象OS]
  • Windows Server 2008
  • Windows Vista
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 7

[手順]
  1. SNP 無効化ツールを実行する前に文書番号: 967224 の修正プログラム(*2)を適用してください。
    Windows Server 2008 R2、Windows 7 の場合は、適用いただく必要はありません。
  2. 以下よりScalable Networking Pack (SNP) 無効化ツール(DSSNP.exe) をダウンロードしていただき、実行してください。

    Scalable Networking Pack (SNP) 無効化ツール
  3. 解凍されたフォルダ配下にある readme.txt の手順に従って、SNP 無効化ツールを実行してください。
  4. OS 再起動を実行してください。

方法2: レジストリ編集とコマンド実行による無効化
レジストリ編集と netsh コマンドを実行することで SNP を無効にします。

[対象OS]
  • Windows Server 2008
  • Windows Vista
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 7

[手順]
  1. レジストリエディタを起動し、以下のレジストリ値を 0 に設定してください。レジストリが作成されていない場合は、キーを作成し、値を 0 に設定してください。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters
    名前 : EnableTCPA
    種類 : REG_DWORD
    値 : 0
  2. netsh コマンドを実行する前に文書番号: 967224 の修正プログラム(*2)を適用してください。
    Windows Server 2008 R2、Windows 7 の場合は、適用いただく必要はありません。
  3. コマンドプロンプトを起動し、netsh コマンドで以下の設定を実行してください。

    netsh int tcp set global chimney=disabled
    netsh int tcp set global rss=disabled
  4. OS 再起動を実行してください。

Windows Server 2012/Windows Server 2016 ファミリ

netshコマンドを実行することで SNPを無効にします。

[対象OS]
  • Windows Server 2012
  • Windows 8
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows 8.1
  • Windows Server 2016
  • Windows 10

[手順]
  1. コマンドプロンプトを起動し、netsh コマンドで以下の設定を実行してください。

    netsh int tcp set global rss=disabled
    netsh int tcp set global chimney=disabled
  2. OS 再起動を実行してください。

(*2) 文書番号: 967224 の修正プログラムについて
  • Windows Server 2008、Windows Vista にて netsh コマンドを実行した場合、文書番号:967224 の不具合が発生します。SNP の無効、有効の手順には netsh コマンドが使用されておりますので、事前に文書番号:967224 にて提供されている修正プログラムを適用してください。
  • Windows Vista は Service Pack 1 以降が修正プログラムの適用対象となっております。Service Pack 未適用の場合は、Service Packe 1 を適用後に修正プログラムを適用してください。
  • 修正プログラムの製品名が Windows Vista と表示されておりますが、Windows Server 2008 も同一の修正プログラムとなっております。
  • Windows Server 2008 R2、Windows 7 には文書番号: 967224 の不具合が発生しないため、修正プログラムを適用していただく必要はありません。

[文書番号: 967224 ]
Windows Server 2008 または Windows Vista を実行しているコンピューターで TCP/IP のグローバル パラメーターを変更するのには、netsh コマンドを使用すると TCP/IP パラメーターは、レジストリの一部が正しくない値に変更されます。
http://support.microsoft.com/kb/967224

LANドライバのアップデートと設定変更について

別紙1に記載されている対象機種にて、上記の対象OSをご使用の場合は、SNPの無効化を行ったか否かに関わらず、稀にシステム起動直後より通信ができない事象が発生することがあります。別紙1を参照の上、LANドライバのアップデートおよび設定変更を実施願います。


EXPRESSBUILDERの「システムのアップデート」を適用する前に

Windows Server 2008 の場合、EXPRESSBUILDER の「システムのアップデート」を適用する前に、文書番号: 967224(下記「■参考資料」参照) にて提供されている修正プログラムの適用をお願いいたします。

【理由】
    Windows Server 2008 の場合、EXPRESSBUILDER の「システムのアップデート」において、netsh コマンドを使用して、SNP の無効化を実施している場合があります(上記「方法2」の 1. と 3. を自動実行します)。
EXPRESSBUILDER の「システムのアップデート」において SNP の無効化を行なっているかどうかは、当該装置添付のEXPRESSBUILDER 内のユーザーズガイド、インストレーションサプリメントガイドを参照してください。

SNP 無効化対応を行なっている場合は、以下の箇所に SNP に関する記述があります。

  • シームレスセットアップの場合:
    ユーザーズガイドの「Windows Server 2008 のセットアップ」の「シームレスセットアップ」を参照してください。
  • カスタムインストールモデルの場合:
    ユーザーズガイドの「Windows Server 2008 のセットアップ」の「カスタムインストールモデルのセットアップ」を参照してください。
  • マニュアルセットアップの場合:
    インストレーションサプリメントガイドの「システムのアップデート」を参照してください。

[注意]
  1. 装置添付のEXPRESSBUILDERのレビジョンにより異なる場合がありますので、必ず装置添付のEXPRESSBUILDERに格納されているドキュメントにてご確認ください。
  2. KB967224 を適用する前に「システムのアップデート」を適用した場合について
    (システムのアップデートの再適用の場合も含む)
    • KB967224 を適用してください。
      再度「システムのアップデート」の適用は不要です。
    • 「システムのアップデート」の適用前に、以下のレジストリキー配下のパラータを任意の値に変更していた場合は、再度レジストリ設定を実施してください。
      KB967224 が適用されていない環境では、下記のパラメータが netsh コマンド実行時にデフォルトに戻される現象が発生する場合があるためです。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters
          disableTaskOffload
      EnablePMTUBHDetect
      EnablePMTUDiscovery
      KeepAliveInterval
      KeepAliveTime
      Tcp1323Opts
      TcpFinWait2Delay
      TcpMaxDataRetransmissions
      TcpTimedWaitDelay
      TcpUseRFC1122UrgentPointer
      [文書番号: 967224] から抜粋

参考資料

  • [文書番号: 948496]
    デフォルトの SNP 機能を無効にする、Windows Server 2003 ベースおよび Small Business Server 2003 ベースのコンピュータ用の更新プログラムについて
    http://support.microsoft.com/kb/948496/ja
  • [文書番号: 948566]
    Windows Server 2003 SP2 がインストールされているコンピュータの TCP 通信で断続的に通信障害が発生する
    http://support.microsoft.com/kb/948566/ja
  • [文書番号: 967224]
    Windows Server 2008 または Windows Vista を実行しているコンピューターで TCP/IP のグローバル パラメーターを変更するのには、netsh コマンドを使用すると TCP/IP パラメーターは、レジストリの一部が正しくない値に変更されます。
    http://support.microsoft.com/kb/967224

製品名カテゴリ

E120d-1
E110d-M
R320c-E4(Windows)
GT110f-S
R110f-1E
R120e-1M
R120e-2M
B120e-h
T110f-E
T110f-S
GT110f
E120e-M
R320d-M4(Windows)
B120e
T110e-M
T120e
R110e-1M
R120e-1E
R120e-2E
110Ba-LB
110Ba-m3
110Ca
110Eg
110Eh
110Ei
110Ej
110Ek
110GR-1a
110GR-1b
110GR-1c
110GR-1d
110Ga
110Ga-C
110GaS
110Gb
110Gb-C
110GbS
110Gc
110Gc-C
110Gc-S
110Gd
110Gd-S
110Ge
110Ge-S
110Ra-1h
110Rb-1h
110Rc-1h
110Rd-1
110Re-1
110Rf-1
110Rg-1
110Rh-1
110Ri-1
110Sb
110Sc
120Bb-d6
120Ef
120Eg
120Eh
120Ei
120GR-1a
120GR-1b
120GR-1c
120GR-2a
120GR-2b
120GR-2c
120Ga
120Gb
120Gc
120Gd
120Lg
120Lh
120Li
120Lj
120Mf
120Ra-2h
120Rd-1
120Re-1
120Rf-1
120Rf-2
120Rg-1
120Rg-2
120Rh-1
120Rh-2
120Ri-2
120Rj-2
140Ba-10
140Hd
140He
140Hf
140Rc-4
140Rd-4
140Re-4
140Rf-4
180Rc-4
180Rd-4
180Re-3
180Rf-3
310Lc
310Lc-R
320Fa-L
320Fa-LR
320Fa-M
320Fa-MR
320Fb-L
320Fb-LR
320Fb-M
320Fb-MR
320Fc-MR
320Fd-LR
320Fd-MR
320Lb
320Lb-R
320Lb2-R
320Lc
320Lc-R
320Mc-R
340Hb-R
420La
420Ma
B120a
B120a-d
B120b
B120b-Lw
B120b-d
B120b-h
B120d
B120d-h
B140a-T
E110d-1
E120b-1
E120b-M
E120d-M
GT110a
GT110a-S
GT110b
GT110b-S
GT110d
GT110d-S
GT110e
GT110e-S
GT110g
GT110g-S
GT120a
GT120b
NS130
NS150h
NS23P
NS240
NS250
NS260
NS26P
NS27P
NS430
NS43P
NS440
NS44P
NS460
NS470
NS47P
NS48P
NS510G
NS520G
R110a-1
R110a-1H
R110b-1
R110c-1
R110d-1E
R110d-1M
R110e-1E
R110g-1E
R120a-1
R120a-2
R120b-1
R120b-2
R120d-1E
R120d-1M
R120d-2E
R120d-2M
R140a-4
R140b-4
T110a
T110b
T110c
T110d
T110g-E
T110g-S
T120a-E
T120a-M
T120b-E
T120b-M
T120d
i110Rh-1
i110Ri-1
i120Ra-e1
i120Rg-1
iR110a-1
iR120a-1E
E120f-M
B120f
R120f-1M
R120f-2M
R120f-2E
R120f-1E
NS14PW
NS15PG
NS24P
NS25P
NS34P
NS450
NS45P
NS46P
R320c-M4(Windows)

品名: Express5800/410Ea(C/850(128))
型番: N8400-001
品名: Express5800/410Ea(C/850(128)-20W)
型番: N8400-002
品名: Express5800/410Ea(C/850(128)-20L)
型番: N8400-007
品名: Express5800/410Ea(C/1.2(128))
型番: N8400-009
品名: Express5800/120Ba-4(X/3DG(1))
型番: N8400-020
品名: Express5800/120Ba-4(X/3.20DG(1))
型番: N8400-021
品名: Express5800/120Ba-4(X/3.20DG(1))
型番: N8400-021A
品名: Express5800/120Ba-4(X/3.60G(1))
型番: N8400-022
品名: Express5800/110Ba-e3(M/1.1G(2))
型番: N8400-023
品名: Express5800/110Ba-e3(M/1.1G(2))
型番: N8400-023A
品名: Express5800/120Ba-4(X/3.60G(2))
型番: N8400-025
品名: Express5800/120Ba-4(X/3.60G(2))
型番: N8400-025A
品名: Express5800/120Ba-4(X/3.80G(2))
型番: N8400-026
品名: Express5800/120Ba-4(X/3.80G(2))
型番: N8400-026A
品名: Express5800/120Ba-4(X/L2.80G(1)) 低電圧モデル
型番: N8400-027
品名: Express5800/120Ba-4(X/L2.80G(1)) 低電圧モデル
型番: N8400-027A
品名: Express5800/120Bb-6(XD2/3G(4))
型番: N8400-029
品名: Express5800/120Bb-6(XD2/1.6G(4))
型番: N8400-030
品名: Express5800/120Bb-6(XD2/2G(4))
型番: N8400-031
品名: Express5800/120Bb-6(XD2/L2.33G(4))
型番: N8400-032
品名: Express5800/120Bb-6(XQ/2.66G(2x4))
型番: N8400-033
品名: Express5800/120Bb-6(XQ/2.33G(2x4))
型番: N8400-037
品名: Express5800/120Bb-m6(XD2/2G(4))
型番: N8400-046
品名: Express5800/120Bb-m6(XQ/2.66G(2x4))
型番: N8400-048
品名: Express5800/120Bb-m6(XQ/2.33G(2x4))
型番: N8400-049
品名: Express5800/120Bb-6(XD2/3G(4))
型番: N8400-050
品名: Express5800/120Bb-6(XD2/1.6G(4))
型番: N8400-051
品名: Express5800/120Bb-6(XD2/2G(4))
型番: N8400-052
品名: Express5800/120Bb-6(XD2/L2.33G(4))
型番: N8400-053
品名: Express5800/120Bb-6(XD2/L2.33G(4))
型番: N8400-053A
品名: Express5800/120Bb-6(XQ/3.16G(2x6))
型番: N8400-057
品名: Express5800/120Bb-6(XQ/3.16G(2x6))
型番: N8400-057A
品名: Express5800/120Bb-6(XQ/L2.50G(2x6))
型番: N8400-058A
品名: Express5800/120Bb-6(XQ/2G(2x6))
型番: N8400-059
品名: Express5800/120Bb-6(XQ/2G(2x6))
型番: N8400-059A
品名: Express5800/120Bb-6(XD/3.33G(6))
型番: N8400-060
品名: Express5800/120Bb-6(XD/3.33G(6))
型番: N8400-060A
品名: Express5800/120Bb-6(XD/1.86G(6))
型番: N8400-062
品名: Express5800/120Bb-6(XD/1.86G(6))
型番: N8400-062A
品名: Express5800/120Bb-m6(XQ/3.16G(2x6))
型番: N8400-071
品名: Express5800/120Bb-m6(XQ/3.16G(2x6))
型番: N8400-071A
品名: Express5800/120Bb-m6(XQ/L2.50G(2x6))
型番: N8400-072A
品名: Express5800/120Bb-m6(XQ/2G(2x6))
型番: N8400-073
品名: Express5800/120Bb-m6(XQ/2G(2x6))
型番: N8400-073A
品名: Express5800/120Bb-m6(XD/3.33G(6))
型番: N8400-074
品名: Express5800/120Bb-m6(XD/3.33G(6))
型番: N8400-074A
品名: Express5800/120Ba-4(X/3.60G(2)-P)
型番: NP8400-025P01
品名: Express5800/120Bb-m6(XD2/2G(4)-U)
型番: NP8400-046P1
品名: 1000BASE-T接続ボード(2ch)
型番: N8104-121
品名: 1000BASE-T接続ボード(2ch)
型番: N8104-122
品名: 1000BASE-T接続ボード(4ch)
型番: N8104-125
品名: 1000BASE-T接続ボード
型番: N8104-126
品名: 1000BASE-T(2ch)接続ボード
型番: N8403-017
品名: 1000BASE-T(4ch)接続ボード
型番: N8403-020
品名: 1000BASE-T(2ch)接続ボード
型番: N8403-021
品名: 1000BASE-T(4ch)接続ボード
型番: N8403-022

対象製品

品名: 製品名カテゴリに従う
  • コンテンツID: 3010102056
  • 公開日: 2019年01月18日
  • 最終更新日:2019年04月12日
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。