ページの先頭です。
ここから本文です。

お知らせ

【iStorage NS シリーズ】 OS の更新プログラムについて

Windows Storage Server には、同じバージョンの Windows Server 用更新プログラムが適用可能です。なお、複数のプラットフォームをサポートしている OS の場合は、x64 用の更新プログラムを選択してください。

マイクロソフト社から提供されている更新プログラムは以下のとおりです。

一般的な運用では、「マンスリーロールアップ」の適用を推奨いたします。
当月に作成されたセキュリティ以外の修正に緊急度や重要度が高い修正が含まれている場合は、「マンスリーロールアップのプレビュー」の適用をご検討ください。
なお、Windows Storage Server 2008/2008R2/2012/2012R2 において、セキュリティ修正のみの適用を希望される場合は「セキュリティのみの更新プログラム」を適用してください。

  • マンスリーロールアップ(US時間の第二火曜日) *1
    - 当月までに作成されたセキュリティ修正と、前月までに作成されたセキュリティ以外の修正が含まれます。
    - Windows Update の自動更新対象です。
  • マンスリーロールアップのプレビュー(US時間の第三火曜日) *1
    -「マンスリーロールアップ」に、当月作成されたセキュリティ以外の修正を加えたものです。
    - Windows Update の自動更新対象外です。
  • セキュリティのみの更新プログラム(US時間の第二火曜日) *2
    - セキュリティの修正を集めた更新プログラムです。
    - 当月に作成された修正のみが含まれます。
    - Windows Update の自動更新対象外です。

  • *1: Windows Storage Server 2008/2008R2/2012/2012R2 は、2016年9月以降に作成された修正の累積です。Windows Storage Server 2016 は、製品リリース以降に作成された修正の累積です。
    *2: Windows Storage Server 2008/2008R2/2012/2012R2 のみに提供されています。

    各OSの更新プログラムの情報は、以下のマイクロソフト社のサイトにて公開されています。

     Windows Storage Server 2008
     https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4343218/

     Windows Storage Server 2008 R2
     https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4009469/

     Windows Storage Server 2012
     https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4009471/

     Windows Storage Server 2012 R2
     https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4009470/

     Windows Storage Server 2016
     https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4000825/

    [補足]
    更新プログラムによっては、事前に「サービススタック更新プログラム(SSU)」の適用が必要なものがあります。 詳細は各更新プログラムの情報サイトにてご確認ください。

製品名カテゴリ

Windows Storage Server 2008
Windows Storage Server 2008 R2
Windows Storage Server 2012
Windows Storage Server 2012 R2
Windows Storage Server 2016

  • コンテンツID: 3010102917
  • 公開日: 2019年11月29日
  • 最終更新日:2019年11月29日
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。