ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

CLUSTERPRO:ミラーディスクコネクトを冗長化する方法はありますか?

質問内容

ミラーディスクコネクトを冗長化する方法はありますか?

回答内容

2つの方法があります。
NICの切り替えのタイミング と ミラーリング処理のタイミングによっては NIC切り替え後にミラー復帰が実行されることがあります。

(A) OSのNIC二重化を利用する
ミラーディスクコネクトで使用するNICを Linux OSに添付のbondingを使用して二重化します。「リファレンスガイド」の「bonding」を参照してください。

(B) CLUSTERPRO のミラーディスクコネクトの二重化を利用する
CLUSTERPRO の設定で ミラーディスクコネクトを二重化します。 「リファレンスガイド」 の 「Builderの機能 ミラーコネクトI/Fタブ」 「グループリソースの詳細 ミラーディスクリソースを理解する ミラーディスクコネクト」 を参照してください。

製品名カテゴリ

CLUSTERPRO X

補足/関連情報

このFAQの対象製品バージョンは以下のとおりです。

  CLUSTERPRO X 1.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 2.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 2.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.2 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.3 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.2 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.3 for Linux

関連情報

  • コンテンツID: 3150100003
  • 公開日: 2009年10月02日
  • 最終更新日:2021年04月12日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。