ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

CLUSTERPRO:最新バージョンのCLUSTERPROにするためアップデートを適用する際、片サーバずつ行うことは可能でしょうか?

質問内容

最新バージョンのCLUSTERPROにするためアップデートを適用する際、片サーバずつ行うことは可能でしょうか?

回答内容

同一メジャーバージョン間(*1) で可能です。
ローリングアップデートという方法で片サーバずつアップデートを適用することができます。片サーバずつ適用することにより業務停止時間を短くすることが可能です。

*1  同一メジャーバージョン間とは 以下のような例のアップデートを指します。
     アップデート元: 
        CLUSTERPRO X2.0 / rpmバージョン: Version 2.0.0  Release 1
     アップデート先:
        CLUSTERPRO X2.1 / rpmバージョン: Version 2.1.1  Release 1

    以下のような例のアップデートアップのパスは「同一メジャーバージョン間」ではありません。
    アップデート元: 
       CLUSTERPRO X1.0 / rpmバージョン: Version 1.1.3  Release 3
    アップデート先:
       CLUSTERPRO X2.1 / rpmバージョン: Version  2.1.1  Release 1

Replicatorオプション、Replicator DRオプションを使用している場合(ミラーディスクリソース、ハイブリッドミラーディスクリソースを使用している場合)には 同一メジャーバージョン間でもローリングアップデートが不可能な場合があります。
ローリングアップデートの手順や可否などについての詳細な条件は、各アップデートの「アップデート手順書」を参照ください。

製品名カテゴリ

CLUSTERPRO X

補足/関連情報

このFAQの対象製品バージョンは以下のとおりです。

  CLUSTERPRO X 1.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 2.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 2.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.2 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.3 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.2 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.3 for Linux

  • コンテンツID: 3150100013
  • 公開日: 2009年10月02日
  • 最終更新日:2021年04月12日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。