ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

【ftサーバ/Linux】ftdiskadm のデバイス名と /proc/mdstat やログのデバイス名が違う

質問内容

ftdiskadm の 「1 List RAID Arrays」 で slot1 のデバイス名を確認すると sda ですが、
/proc/mdstat や syslog のデバイス名は sdq となっています。
なぜ異なっているのでしょうか?

回答内容

/proc/mdstat や syslog はカーネルデバイス名で表示され、ftdiskadm では udev にて
固定化したデバイス名で表示されます。

カーネルデバイス名は、OS がディスクを識別するために使用するもので、ディスクの
追加/削除等によって違ってきます。ftサーバではディスクの二重化管理を正しく行う
ために、ディスク搭載数やディスクの追加/削除等によってデバイス名が変わらない
ように udev にて固定化したデバイス名を使用しています。

カーネルデバイス名と udev で固定化したデバイス名の対応は ftdiskadm コマンドの
「2 List Internal Disks」 にてご確認いただけます。

下記の出力例では sda がデバイス名、 sdq がカーネルデバイス名になります。

(出力例)

[List Internal Disks]

Slot  Name [Use]    Information (Vendor/Model/Serial)             Path
===============================================================================
   1  sda(sdq) [4]  AAA/BBB/CCC                                   h0c0t0l0
R320e、R320gでは、sdaではなく104001のように表示されます。詳細については、「メンテナンスガイド」-「2章 機能変更、増設」-「1. ハードディスクドライブの二重化」-「1.2 ハードディスクドライブの二重化方法」を参照してください。

製品名カテゴリ

Linuxサービスセット for ft

関連情報

  • コンテンツID: 3150109159
  • 公開日: 2014年12月26日
  • 最終更新日:2019年10月15日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。