ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

CLUSTERPRO:クラスタ化されたサーバを仮想環境へ移行(P2V/V2V)する手順を教えてください。

質問内容

クラスタ化されたサーバを仮想環境へ移行(P2V/V2V)する手順を教えてください。

回答内容

CLUSTERPROとして、仮想環境へのサーバ移行(P2V/V2V)に関する個別の手順は用意しておりませんが、サーバ移行の際には注意事項がございますので、ご利用の移行ツールの手順に対して本注意事項を適用してください。
  • CLUSTERPROはシステムデバイス(ディスクデバイス等)に関する情報を保持しており、移行元と移行先でこれらの情報に差異がある場合、移行先では正常に動作できません。 そのため、移行後に移行先の環境に応じて、クラスタ構成情報の再設定が必要となります。
    再設定に必要な手順につきましては、リファレンスガイドの下記を参考にしてください。
    • ミラーディスクの交換手順
    • サーバを交換するには -共有ディスクの場合-
    • サーバを交換するには -ミラーディスクの場合-
    • サーバを交換するには -ハイブリッドディスクの場合-
  • 前項のとおり、移行先ではCLUSTERPROが正常動作できない場合があるため、移行先でCLUSTERPROが自動起動しないように予め設定した状態で、移行を実施することを推奨いたします。
    • OS起動時にCLUSTERPRO関連のデーモンが自動的に起動しないように、CLUSTERPRO関連デーモンを無効化しておく
    • クラスタシャットダウンを実行し、正常な終了処理を経てCLUSTERPRO関連デーモンが停止された状態としておく
  • CLUSTERPROの共有⁄ミラー⁄ハイブリッドディスクリソースとして登録されているディスクパーティションは、当該リソースが活性状態でない限り移行対象OS上からはアクセスできません。
    移行ツールが移行対象OS上で動作し、かつ当該ディスクパーティションへアクセスを行う場合はご注意ください。
  • ミラー⁄ハイブリッドディスク構成の環境を移行した場合、移行後にミラーの再構築(フルコピー)を実施する必要があります。
  • 移行元および移行先に同じライセンスキーが登録された状態は使用許諾契約に違反します。
    ライセンスキーの重複登録が生じないようにご注意ください。
  • 移行元で使用していたCPUライセンスを移行先に流用する場合、ライセンスが不足することの無いようご注意ください。
    CLUSTERPROのCPUライセンスでは、コア数ではなくOSが認識するソケット数でカウントされます。
    仮想マシンのCPU構成は仮想環境の仕様⁄設定に依存しており、仮想マシン上ではOSの認識するソケット数が多くなる場合があります。

製品名カテゴリ

CLUSTERPRO X

補足/関連情報

このFAQの対象製品バージョンは以下のとおりです。

  CLUSTERPRO X 1.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 2.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 2.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.2 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.3 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.2 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.3 for Linux

関連情報

  • コンテンツID: 3150110978
  • 公開日: 2016年08月04日
  • 最終更新日:2021年04月12日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。