ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

CLUSTERPRO:共有ディスク/ミラーディスク/ハイブリッドディスクのアンマウント処理に失敗した場合、アンマウント前に行った書き込みが共有ディスクや相手サーバのミラー対象のディスクに反映されないことがあります。原因と対処方法を教えてください。

質問内容

共有ディスク/ミラーディスク/ハイブリッドディスクのアンマウント処理に失敗した場合、アンマウント前に行った書き込みが共有ディスクや相手サーバのミラー対象のディスクに反映されないことがあります。原因と対処方法を教えてください。

回答内容

[原因]
Linuxのファイルシステムは、書き込んだデータをバッファキャッシュに格納し遅延書き込みを行う場合があります。
このとき、バッファキャッシュのデータはアンマウント時に実デバイスに書き込みが行われます。
このアンマウント処理が何らかの理由で失敗した場合、バッファキャッシュ上のデータがディスクに書き込まれて無い可能性が生じます。



[対策]
重要な書き込みデータは書き込み後、"sync" を行っておくようにしてください。
もしくは、マウント時のマウントオプションで、-o sync オプションをつけることも有効です。

製品名カテゴリ

CLUSTERPRO X

補足/関連情報

このFAQの対象製品バージョンは以下のとおりです。

  CLUSTERPRO X 1.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 2.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 2.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.2 for Linux
  CLUSTERPRO X 3.3 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.0 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.1 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.2 for Linux
  CLUSTERPRO X 4.3 for Linux

  • コンテンツID: 3150113358
  • 公開日: 2018年10月11日
  • 最終更新日:2021年04月12日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。