ページの先頭です。
ここから本文です。

よくあるご質問(サポートFAQ)

CLUSTERPRO:ファイルサーバーリソースマネージャー(FSRM)の機能を利用する環境でディスク系リソースの停止に時間を要します。対処を教えてください。

質問内容

ファイルサーバーリソースマネージャー(FSRM)の機能を利用する環境でディスク系リソースの停止に時間を要します。対処を教えてください。

回答内容

ファイルサーバーリソースマネージャー(以下、FSRM)の機能によりディスクへのアクセスが発生することにより、ディスクリソース/ミラーディスクリソース/ハイブリッドディスクリソースの非活性処理に時間を要することがあります。

以下のように、ディスク系リソース非活性処理を実行する前に FSRM の機能を一時停止することで事象を回避可能です。

<設定例>

  1. Cluster WebUI/WebManagerを起動し、[設定モード]に切り替えます。
  2. 以下の依存関係となるようにスクリプトリソースを2つ追加し、ディスクリソースの依存関係を変更します。
    全体の依存関係は以下で確認できます。
    ・Cluster WebUIの場合: グループのプロパティ→[全体の依存関係]タブ
    ・WebManagerの場合: 左ペインのグループを選択→右ペインの[全体の依存関係]タブ

    深度 名前 依存リソース
    1 script1
    ※新規に追加するスクリプトリソース
    なし
    2 ディスク系リソース script1
    3 script2
    ※新規に追加するスクリプトリソース
    ディスク系リソース
  3. script1の stop.bat の末尾に以下のコマンドラインを追加します。

    net start datascrn
    net start quota
    net start srmsvc
    net start srmreports
  4. script2の stop.bat の末尾に以下のコマンドラインを追加します。

    net stop srmreports
    net stop srmsvc
    net stop quota
    net stop datascrn
  5. [設定の反映]を実行します。
    クラスタ起動状態の場合、グループの停止、クラスタサスペンド、クラスタリジュームを促すメッセージが表示されますので[OK]ボタンを押します。

製品名カテゴリ

CLUSTERPRO X

補足/関連情報

このFAQの対象製品バージョンは以下のとおりです。

  CLUSTERPRO X 1.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 2.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 2.1 for Windows
  CLUSTERPRO X 3.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 3.1 for Windows
  CLUSTERPRO X 3.2 for Windows
  CLUSTERPRO X 3.3 for Windows
  CLUSTERPRO X 4.0 for Windows
  CLUSTERPRO X 4.1 for Windows
  CLUSTERPRO X 4.2 for Windows

  • コンテンツID: 3150115242
  • 公開日: 2020年09月18日
  • 最終更新日:2020年09月18日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。