ページの先頭です。
ここから本文です。

修正情報・ダウンロード

【ESMPRO/ServerManager】ESMPRO/ServerManager Ver.7.00に登録されている管理対象サーバ(Windows)のイベントログに大量のセキュリティログが出力される場合の軽減対策モジュール

概要

ESMPRO/ServerManager Ver.7.00に登録されている管理対象サーバ(Windows)のイベントログに大量のセキュリティログ(WinRMやログオンおよびログオフに関するもの)が出力される場合があります。
イベントログ出力を軽減するために管理対象サーバの監視間隔の設定範囲の拡大および、ダッシュボードからログオフ中の管理対象サーバ(ESMPRO/ServerAgentService(WS-Man管理))の監視有無の設定が行えるようになります。

本現象が発生する条件は以下のいずれかです。
・管理対象がESMPRO/ServerAgentService(WS-Man管理)
・管理対象がその他コンピュータ機器(Windows)

製品名カテゴリ

ESMPRO/ServerManager

対象製品

品名 ESMPRO/ServerManager
リビジョン Ver.7.00
対象OS Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Windows 8.1 Pro 64bit
Windows 10 Pro 64bit
型番
修正情報

【説明】 
アップデートモジュール本体

【ファイル名】 
ESMSM_UPDATE_W.zip
(形式:zip サイズ:637914)


【説明】 
アップデート手順書

【ファイル名】 
UPDATE手順書_W.txt
(形式:txt サイズ:15952)



種別

修正情報

障害区分

その他

障害内容/強化内容

管理対象サーバ(Windows)のイベントログへのセキュリティログ出力数を軽減するため、以下の機能強化を行いました。

・管理対象サーバの監視間隔の設定範囲の拡大
・ダッシュボードからログオフ中の管理対象サーバ(ESMPRO/ServerAgentService(WS-Man管理))の監視有無の設定

障害原因/強化理由

ESMPRO/ServerManagerに登録されている管理対象サーバ(ESMPRO/ServerAgentService(WS-Man管理))または、その他コンピュータ機器(Windows)のイベントログへのセキュリティログ出力数を軽減するため。

対処が必要となる製品がインストールされているかを確認する方法

スタートメニューのプログラム>ESMPRO>バージョン情報をクリックし、バージョン情報確認ツールを起動してください。
マネージャの「内部記録情報」を確認してください。
「内部記録情報」に CC:7.00.32 と表示されている場合、本パッチを適用してください。

対処が正しく適用されていることを確認する方法

バージョン情報確認ツールに表示されるマネージャの「内部記録情報」に CC:7.00.33 と表示されていることを確認してください。

対象機器

機種依存はありません。

適用方法

「UPDATE手順書_W.txt」に従って、適用をお願いします。

  • コンテンツID: 9010109747
  • 公開日: 2021年07月28日
  • 最終更新日:2021年07月28日
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。