ページの先頭です。
ここから本文です。

修正情報・ダウンロード

ESMPRO/ServerManager Ver.6.41 (Windows)

概要

・以下の機能強化を行いました。
 - iLOファームウェアバージョン1.40で追加されたiLO SNMPトラップとIMLの
  アラート登録及びエクスプレス通報サービス(MG)での通報に対応しました。

製品名カテゴリ

ESMPRO/ServerManager

対象製品

品名 ESMPRO/ServerManager
リビジョン Ver.6.41
対象OS 別欄にて記載
型番
修正情報

【説明】 
使用許諾書

【ファイル名】 
SM641_J.txt
(形式:TXT サイズ:12816バイト)


【説明】 
ESMPRO/ServerManager Ver.6 コマンドラインインターフェース

【ファイル名】 
esm_cli_j.pdf
(形式:PDF サイズ:874447バイト)


【説明】 
ESMPRO/ServerManager Ver.6 コマンドラインインターフェース ユーザーズガイド ExpressUpdate 管理編

【ファイル名】 
esm_cli_ug_j.pdf
(形式:PDF サイズ:739770バイト)


【説明】 
ESMPRO/ServerManager Ver.6 セットアップガイド

【ファイル名】 
esm_sg_j.pdf
(形式:PDF サイズ:3387153バイト)


【説明】 
ESMPRO/ServerManager Ver. 6 インストレーションガイド  (Windows編)

【ファイル名】 
sg_es_sm_j.pdf
(形式:PDF サイズ:1140398バイト)


【説明】 
ESMPRO/ServerManager Ver.6 ユーザーズガイド RESTful API リファレンス

【ファイル名】 
esm_restapi_j.pdf
(形式:PDF サイズ:731029バイト)


【説明】 
ESMPRO/ServerManager Ver.6.41 モジュール (Windows)

【ファイル名】 
SM641_J.zip [md5 : 50bde611d93db5905419a69acd84549d]
(形式:ZIP サイズ:307314184バイト)



種別

修正情報

障害区分

その他

障害内容/強化内容

・iLO搭載装置を管理している場合、iLOファームウェアバージョン1.40で追加された
 iLO SNMPトラップ及びIMLを、アラート情報として登録できるようになりました。
 また、エクスプレス通報サービス(MG)をご利用されている場合は、該当のアラート
 情報[※]を、エクスプレス通報サービス(MG)で通報できるようになりました。

 [※]エクスプレス通報サービス(MG)の対象となるアラート情報

障害原因/強化理由

・iLOファームウェアバージョンのアップデートに伴う機能強化のため

対処が必要となる製品がインストールされているかを確認する方法

バージョン情報確認ツール(*) に表示されるESMPRO/ServerManagerのカレントバージョンが
6.41 未満の場合、かつ、ご利用環境のWindows OS が 64bit版の場合は、アップデートする
ことができます。
(ご利用のWindows OSが32bit版の場合は、本バージョンへアップデートすることはできません。)

なお、すでにお使いの環境へのアップデートだけではなく、新規に 64bit版の Windows OS に
インストールすることもできます。

(*)バージョン情報確認ツール
スタートメニューのプログラム>ESMPRO>ServerManager>バージョン情報をクリックし、
バージョン情報確認ツールを起動してください。

対処が正しく適用されていることを確認する方法

バージョン情報確認ツールに表示されるESMPRO/ServerManagerのカレントバージョンが
6.41 になっていることを確認してください。

対象機器

機種依存はありません。

適用方法

ESMPRO/ServerManager Ver.6 インストレーションガイドを参照し、
手順に従ってインストール、または、アップデートを行ってください。

補足

・Ver.6.40以降より、インストール対象の Windows OS が 64bit版のみとなります。
 32bit版のWindows OSの場合、本バージョンの新規インストール及び本バージョンへの
 アップデートはできません。

・Ver.6.40未満の ESMPRO/ServerManager が 64bit版の Windows OS にインストールされている
 場合は、Ver.6.40以降へのアップデートインストールが可能です。

・ESMPRO/ServerManagerからiLOへシングルサインオンを行うためには、iLO側での設定が
 必要です。
 詳細は、「ESMPRO/ServerManager Ver.6 セットアップガイド」を参照ください。

・ESMPRO/ServerManager Ver.6.30以降で、アラートビューアのアラート非表示設定や
 新着アラート検出時に表示する通知メッセージの表示可否の条件設定を指定して
 いた場合、アップデートインストール時に、旧バージョンの設定を継承したフィルターが
 自動的に作成されます。

・ESMPRO/ServerManager Ver.6 インストレーションガイドの注意事項の項目を参照して
 ください。

・ESMPRO/ServerManager Ver.6 では、ESMPRO/ServerManager Ver.5 でサポートしていた
 Windowsアプリケーション (統合ビューアやアラートビューア等) は未サポートになります。
 詳細は、ESMPRO/ServerManager Ver.6 インストレーションガイドの
 2章「1.インストールを始める前に」を参照してください。

・統計情報収集機能では、同時に収集できるサーバの台数に制限があります。
 詳細はオンラインヘルプを参照ください。

・ESMPRO/ServerManager (動作環境) の対象OSについては、以下をご参照ください。
  http://jpn.nec.com/esmsm/kankyo.html
   ⇒ESMPRO/ServerManager Ver.6 動作環境
    - ソフトウェア

・ESMPRO/ServerManagerで、iLO5ファームウェアバージョンが1.20以降のiLO搭載装置を
 管理する場合、ESMPRO/ServerManagerの最新バージョンへのアップデートが必要です。
 また、エクスプレス通報サービス(MG)をご利用の場合は、受信情報設定ファイルの
 最新バージョンへのアップデートも必要です。

 以下の場合には、必ずiLO5ファームウェアバージョンを確認してください。
  ・新規にiLO搭載装置を導入する場合
   (同一装置でも出荷時期によってiLO5ファームウェアバージョンが異なる場合があります)
  ・iLO5ファームウェアのアップデートをした場合
  ・保守交換によりiLO5ファームウェア搭載のマザーボードを交換した場合

 詳細は以下をご参照ください。
 http://jpn.nec.com/esmsm/notes_xp.html
  ⇒注意事項
   - ESMPRO/ServerManager Ver.6 注意事項
    - iLO搭載装置のご使用環境における注意事項

 ・通報モジュール(アラートマネージャ)は、ESMPRO/ServerAgentService、ESMPRO/ServerAgent、
  ESMPRO/ServerManager、WebSAM AlertManager、エクスプレス通報サービス、
  エクスプレス通報サービス(HTTPS)、エクスプレス通報サービス(MG)で共通で使用する
  通報モジュールです。

 ・アラートマネージャ設定画面は、ESMPRO/ServerAgentService、ESMPRO/ServerAgent、
  WebSAM AlertManager、エクスプレス通報サービス(MG)のいずれかの製品が共存している場合に
  使用可能な画面です。

関連情報

  • コンテンツID: 9010103524
  • 公開日: 2014年10月03日
  • 最終更新日:2019年04月02日
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。