ページの先頭です。
ここから本文です。

修正情報・ダウンロード

【ESMPRO/ServerAgentService(Linux)】Express5800シリーズ対応 最新バージョン(RHEL8 x86_64向け)

概要

Express5800シリーズに対応した、ESMPRO/ServerAgentService(Linux) 最新バージョン(RHEL8 x86_64向け)です。

製品名カテゴリ

ESMPRO/ServerAgentService

対象製品

品名 ESMPRO/ServerAgentService
リビジョン
対象OS 別欄にて記載
型番
修正情報

【説明】 
使用許諾書

【ファイル名】 
lnx_esmsas-esmsa_JP
(形式:txt サイズ:6785バイト)


【説明】 
ダウンロード物件のMD5チェックサム情報です。

【ファイル名】 
lnx_esmsas-esmsa_md5
(形式:txt サイズ:1773バイト)



種別

修正情報

障害区分

その他

障害内容/強化内容

バージョン毎の修正/強化/改善内容は、以下をご参照ください。
ESMPRO/ServerAgentService 修正/強化/改善一覧

障害原因/強化理由

ESMPRO/ServerAgentServiceの 機能強化改善のため。

対処が必要となる製品がインストールされているかを確認する方法

対象機器に記載しているOS,モデルが対象。

対処が正しく適用されていることを確認する方法

物件に同梱しているインストレーションガイドを参照してください。

対象機器

表中の製品名について

・ESMPRO/ServerAgentService は、 (SAS) と記載します。
・未サポート構成は、と記載します。

表中のOSバージョンとカーネルバージョンについて

Red Hat Enterprise Linuxは、RHELと記載します。
  RHEL8.3 : kernel-4.18.0-240.el8 ~ 4.18.0-240.x.x.el8
  RHEL8.2 : kernel-4.18.0-193.el8 ~ 4.18.0-193.x.x.el8
  RHEL8.1 : kernel-4.18.0-147.el8 ~ 4.18.0-147.x.x.el8

iLO対象機種とiLO5ファームウェアバージョン、ディストリビューションの対応表

iLO5ファームウェアバージョンは、iLOのWebインターフェースから確認できます。
確認方法については、「iLO 5 ユーザーズガイド」をご参照ください。

iLO5ファームウェアバージョン 2.14以降
本コンテンツからモジュールをダウンロードすることはできません。
Starter Packからインストール(アップデート)してください。

ご使用のサーバモデルに対応したStarter Packは、本ページ上部の
「NECサポートポータル内検索」から対象のモデル名を検索し、
「修正情報・ダウンロード」をクリックし、対象のStarter Packを選択すると
入手できます。

ESMPRO/ServerAgentServiceのアップデートに関する情報は、
以下のコンテンツに公開しています
iLO対象装置向け最新ESMPRO/ServerAgentServiceについて

iLO5ファームウェアバージョン 2.31
ラックサーバ
モデル名 RHEL バージョン
8.2 8.1
R110j-1M 2.2.0-0(SAS)
R110j-1 (2nd-Gen) 2.2.0-0(SAS)
R120h-1E (2nd-Gen)
R120h-1M (2nd-Gen)
R120h-2E (2nd-Gen)
R120h-2M (2nd-Gen)
2.2.0-0(SAS)
R120h-1E (3rd-Gen)
R120h-1M (3rd-Gen)
R120h-2E (3rd-Gen)
R120h-2M (3rd-Gen)
2.2.0-0(SAS)
タワーサーバ
モデル名 RHEL バージョン
8.2 8.1
T120h (2nd-Gen) 2.2.0-0(SAS)
T120h (3rd-Gen) 2.2.0-0(SAS)


iLO5ファームウェアバージョン 2.14
ラックサーバ
モデル名 RHEL バージョン
8.2以降 8.1
R110j-1M 2.1.3-0(SAS)
R110j-1 (2nd-Gen) 2.1.3-0(SAS)
R120h-1E (2nd-Gen)
R120h-1M (2nd-Gen)
R120h-2E (2nd-Gen)
R120h-2M (2nd-Gen)
2.1.3-0(SAS)
R120h-1E (3rd-Gen)
R120h-1M (3rd-Gen)
R120h-2E (3rd-Gen)
R120h-2M (3rd-Gen)
2.1.3-0(SAS)
タワーサーバ
モデル名 RHEL バージョン
8.2以降 8.1
T120h (2nd-Gen) 2.1.3-0(SAS)
T120h (3rd-Gen) 2.1.3-0(SAS)

BMC対象機種とディストリビューションの対応表

ご使用のサーバモデルとディストリビューションに該当するバージョンをクリックすると、
対応したバージョンをダウンロードできます。
下記対応表に記載のサーバモデルは、OpenIPMI対象機器となります。

タワーサーバ
モデル名 RHEL バージョン
8.3 8.2 8.1
T110j (2nd-Gen) 2.2.0-0(SAS)

適用方法

物件に同梱しているインストレーションガイドを参照してください。

補足

■更新履歴
2021/04/08 更新公開
      BMC対象機種の対象OSに、下記を追加しました。
       ・Red Hat Enterprise Linux 8.3

2021/03/12 更新公開
      BMC対象機種の対象OSに、下記を追加しました。
       ・Red Hat Enterprise Linux 8.2

2020/12/14 更新公開
      iLO対象機種のiLO5ファームウェアバージョン 2.31環境向けの、
      最新バージョン2.2.0-0を記載しました。
      iLO対象機種の対象OSに、下記を追加しました。
       ・Red Hat Enterprise Linux 8.2

2020/09/28 更新公開
      対象モデルに下記を追加しました。
       ・Express5800/T120h(3rd-Gen)

2020/07/27 更新公開
      iLO対象機種の対象OSに、下記を追加しました。
       ・Red Hat Enterprise Linux 8.1
      RHEL8.1のサポートに伴い、RHEL8.0の情報は掲載終了しました。

2020/02/17 更新公開
      iLO対象機種のiLO5ファームウェアバージョン 2.11環境向けの、
      最新バージョン2.1.3-0を記載しました。

2020/01/14 更新公開
      iLO対象機種のiLO5ファームウェアバージョン 1.47環境向けの、
      最新バージョン2.1.2-0を記載しました。

2019/12/12 新規公開

関連情報

  • ドキュメントのダウンロードコンテンツ
  • コンテンツID: 3170102037
    ESMPRO/ServerAgentService,ESMPRO/ServerAgentのユーザーズガイドやエクスプレス通報サービスセットアップガイド等、各種ドキュメントを公開しています。
  • コンテンツID: 9010108455
  • 公開日: 2019年12月12日
  • 最終更新日:2021年04月08日
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。