ページの先頭です。
ここから本文です。

技術情報

Starter Packとファームウェアについて (Express5800/R120h-1M/2M/1E/2E, T120h, R110j-1, R110j-1M, R120i-1M/2M)

掲載日:2020.01.31
更新日:2021.07.27


Starter Packは、Express5800/R120h-1M/2M/1E/2E, T120h, R110j-1, R110j-1M, R120i-1M/2M(以下「サーバ」)向けにカスタマイズされたドライバー、サーバ管理用ソフトウェア、説明書などを提供しています。
サーバにはファームウェア(EXPRESSBUILDER、IEファームウェア、SPSファームウェア含む)が、ご注文時の最新バージョンで出荷されます。また、OSプリインストールの際には最新のStarter Packが適用されて出荷されます。
ご使用のOSにより、使用できるStarter Pack、ファームウェアのバージョンが異なります。「OSとStarter Packの対応表」を確認の上、ご使用のOSに合った最新のStarter Pack、ファームウェアバージョンをご使用ください。

Starter Pack、ファームウェアのバージョンの確認と適用方法

ご使用のOSに対応するStarter Pack、ファームウェアのバージョンを、下記のモデル毎の製品マニュアルのページに掲載している「OSとStarter Packの対応表」で確認ください。
次に、以下の「Starter Pack、ファームウェアのバージョンの確認と適用方法」を参照して、サーバに適用されているStarter Pack、ファームウェア類のバージョンを確認し、ご使用のOSに合った最新のStarter Pack、ファームウェアのバージョンを使用してください。


ESMPRO/ServerManager Ver6.47以降でStarter Packバージョンの確認を行う場合、以下の定義ファイルを使用してください。


サーバーのStarter Pack、ファームウェア類のドキュメント

Starter Pack、ファームウェアのバージョンの確認と適用に必要な「OSとStarter Packの対応表」および「ファームウェアダウングレード手順書」は、以下の各モデルの製品マニュアルのページを参照してください。


製品名カテゴリ

R120h-1M
R120h-2M
R120h-1E
R120h-2E
T120h
R110j-1
R120h-1M (2nd-Gen)
R120h-2M (2nd-Gen)
R120h-1E (2nd-Gen)
R120h-2E (2nd-Gen)
T120h (2nd-Gen)
R110j-1 (2nd-Gen)
R120h-1M (3rd-Gen)
R120h-2M (3rd-Gen)
R110j-1M
R120h-1E (3rd-Gen)
T120h (3rd-Gen)
R120h-2E (3rd-Gen)
R120i-1M
R120i-2M

  • コンテンツID: 3140107223
  • 公開日: 2020年01月31日
  • 最終更新日:2021年07月27日

アンケート

サポート情報充実のためアンケートにご協力をお願いいたします。



コメント欄:
ここからページ共通メニューです。 ページ共通メニューを読み飛ばす。
ページ共通メニューここまで。